ホーム > お庭のトラブル > 庭が制御不能になる!?「植えてはいけない植物」

庭が制御不能になる!?「植えてはいけない植物」

1119_04

庭の一画を利用したガーデニングや家庭菜園は楽しいものです。
季節を感じることができますし、植物や土に触れたりにおいを感じたりすることで癒し効果が大きいとも言われています。

さまざまな植物を庭に植えることは良いのですが、あまりに繁殖力が強い植物を植えてしまうと、他の植物が隅に追いやられて育たなくなってしまう場合がありますし、駆除が難しいものもあります。

そうした繁殖力が強すぎる「植えてはいけない植物」にはどのようなものがあるのかをチェックしておきましょう。

植えるなら鉢植えで! 地植えに向かない植物

庭に生えてきたら注意! 繁殖力の強い雑草

1119_06
・ワルナスビ
ワルナスビについては、植えようと思って庭に植える方はいないのではないかと思われます。

小さなトマトのような実がなる、外来種の雑草です。
とにかく繁殖力が強い上に茎や葉には鋭いトゲがあります。

また、実には毒性があるので注意が必要です。
植えたおぼえがないのにワルナスビが生えていたら、早めに引き抜いて駆除するようにしましょう。

・カタバミ
クローバーに似た葉を持つ雑草です。
かわいらしい黄色の花が咲くため好む人も多いですが、繁殖力が強いため一度生えると駆除がとても難しい植物です。

上記で紹介した他にも繁殖力が強い植物として、シソや藤、ノウゼンカズラなどの名前が挙げられることが多いですが、これらに関しては制御できないほどではありません。

庭に植える植物を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。