ホーム > キッチンのトラブル > 熱湯もNG!?キッチンシンクに流してはいけないもの3つ

熱湯もNG!?キッチンシンクに流してはいけないもの3つ

1201_01
調理や洗い物をしている時、何気なくであったりうっかりしていたりで、キッチンシンクにいろいろと
流してしまうことはありませんか。

また、「良くないと知っているし流さないけど、流すと何が良くないの?」と疑問を感じることもあるかも
しれません。

今回は、キッチンシンクに流してはいけないものと、その理由についてお伝えします。

 

熱湯(麺類のゆで汁など)

油(揚げ物に使った廃油、油汚れ)

1201_03
調理を始めたばかりの方などにたまに見受けられるのが、天ぷらなどの揚げ物に使った油を捨てる際にキッチンのシンクに流してしまうケースです。

油を流すと、排水口や排水管、さらには下水管が詰まる原因となってしまいます。
また、下水処理で浄化するために必要な水の量が増えて環境にも悪影響を与えます。

油を捨てる場合には、固めるタイプや吸わせるタイプの油処理剤などを使用して処分しましょう。

「私は油をシンクに流したりはしません」という方も、油を多く使う料理の際のフライパンや食器類についた油汚れをそのままキッチンシンクで洗ってはいませんか。

こうした油汚れについても、なるべくキッチンペーパーなどで拭き取ってから洗うように心がけると汚れが落ちやすくなるので洗う時間も短くなり、水道料金の節約にもつながるので一石二鳥です。

野菜くずや食べ残し

1201_04
調理の際に出た野菜くずや食器に残った食べ残しを、洗い物の際などにうっかり流したり、「少しだから大丈夫」と自己判断で流してしまうのも問題です。

こちらも油同様、排水口や排水管、下水管が詰まる原因となってしまいます。
また、悪臭が発生しやすくなります。
水気をよく切って燃えるゴミとして捨てるか、生ごみ処理機などを使って処理するようにしましょう。

以上、キッチンシンクに流してはいけないものをご紹介しました。
食べ残しや廃油などをキッチンシンクに流して捨てているという方は少ないかと思われますが、熱湯についてはそのまま流している方も意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。

排水管を長持ちさせて、清潔なキッチン周りを保つためにも、流してはいけないものをうっかり流してしまわないようご注意くださいね。