ホーム > お風呂・洗面所のトラブル > 寒い季節は要注意!ヒートショックの原因と対策

寒い季節は要注意!ヒートショックの原因と対策

1225_01

ヒートショックとは?

1225_02
ヒートショックは、寒い脱衣所で服を脱いでいきなり熱いお風呂に浸かったときのように、短時間で温度が大きく変化し、血圧が急激に上下するときに起こります。
急激に血圧が上昇してしまうと脳出血脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こすことがあります。

また、急激に血圧が下降すると脳貧血やめまいを引き起こす可能性が高くなります。
年間で一万人以上が命を落としており、夏より冬の方が10倍以上もお風呂でのヒートショックによる事故が増えます。

ヒートショックになりやすい人は特に注意!

1225_03
元々持病がある人はない人に比べ、ヒートショックになる可能性が高いことを認識しておきましょう。

特に、65歳以上の高齢者や高血圧、糖尿病、動脈硬化がみられる人は注意が必要です。
また、肥満気味であったり、不整脈、睡眠時無呼吸症候群などの人も気をつけた方がいいでしょう。

持病がなくても熱いお風呂が好きな人や、飲酒してからお風呂に入る人もヒートショックを引き起こす可能性は十分あります。

ヒートショックによる事故を起こさないために

1225_04
ヒートショックは特に浴室、トイレ、洗面所など普段暖房がなく気温が低い場所でよく起こります。
暖房をつけている部屋とつけていない部屋で10℃以上差がある場合は特に注意しましょう。

予防対策として、例えば服を脱ぐ前に脱衣所を温めておき、浴室もシャワーを高いところから出して全体を温めておきます。
寒いからといってお風呂のお湯の温度を高くし過ぎてもいけません。

また、家族がいる場合は一番にお風呂に入るのはなるべく避けましょう。
トイレに窓がある場合は断熱効果のあるカーテンをつけたり、小型の暖房を置くとよいですね。

高齢化社会の現在は、住宅メーカーが床暖房や空調システムなどの様々なヒートショック対策を提案しています。
「そこまでするのは贅沢だ」と思うかもしれませんが、日本の住宅は世界的に見てもヒートショックが起こりやすい造りであることが多いのです。
高齢者がいる家族や持病があり不安という人は、突然死などの事故を防ぐためにも一度相談してみるとよいかもしれません。