ホーム > トイレのトラブル > 2階建ての戸建住宅にトイレは2ヵ所必要?

2階建ての戸建住宅にトイレは2ヵ所必要?

2階建ての戸建住宅にトイレは2ヵ所必要?

2階建てのマイホームを建てる時、
「トイレは1階と2階それぞれに必要だろうか」
と悩まれる方が多いようです。

ワンフロアのマンションの場合、ファミリー向け物件であってもトイレは1ヵ所のタイプが一般的です。
ところが2階建ての戸建住宅では、同じような部屋数の物件でも1階と2階の2ヵ所にトイレを設置するプランが主流となっています。

同じような家族構成で暮らすのであれば、マンションと同様に1ヵ所でも問題ないのではないかと思われる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、2階建ての戸建住宅にトイレを2ヵ所設置すべきかどうかについて考えていきたいと思います。

トイレを2ヵ所設置するメリット

まずは、トイレが2ヵ所あることのメリットについて考えてみましょう。

一般的に、家族がトイレを使用する時間帯は忙しい朝に集中しやすいものです。
家族の誰かの体調が悪かったり、トイレに時間がかかってしまったりすることもあるでしょう。
そのような時、トイレが2ヵ所あれば空いている方のトイレを使用することができて安心です。

また、2階建て住宅の場合は、「1階にリビングや来客用の和室、2階に寝室や子ども部屋」など、1階と2階で使用目的を分けていることが多いと思います。
この場合、個室や寝室のあるフロアにトイレがないのは不便なものですし、かと言って寝室のあるフロアにしかトイレがないのでは来客の際などに不便です。

混雑を緩和し、目的を分けて使用しやすいことが、トイレが2ヵ所ある大きなメリットであると言えるでしょう。
この他にも、使用後の臭いの問題や、高齢になった際の階段の上り下りなどの問題に対応しやすいなどというメリットも考えられます。

トイレを2ヵ所設置するデメリット

トイレを2ヵ所設置するデメリット

では、トイレを2ヵ所設置することで1ヵ所の場合と比べどのようなデメリットがあるのかを考えてみましょう。

最初に挙げられるのは、コストの問題です。
トイレを2ヵ所設置するのであれば当然、1ヵ所の場合の比べ初期費用が多くかかります。
また、全体的な使用回数に大きな差はないとしても、2ヵ所トイレがあれば1ヵ所の場合と比べてランニングコストは割高になるでしょう。

コスト面以外で言えば、トイレが2ヵ所あればトイレ掃除の手間が増えることになります。
漏水や故障などのトラブルのリスクも2倍になると言えます。

ライフスタイルをイメージしてプランニングを

トイレを1階と2階に設置するメリットとデメリットについてお伝えしてきました。
トイレが2ヵ所あれば何かと便利で安心な反面、もちろん費用面などの問題があります。

2ヵ所必要であるかどうかは、家族構成やライフスタイルなどによっても異なってきます。
新居のトイレ設置数について検討する際には、実際の生活においての様々な場面をイメージして決めることをお薦めします。