ホーム > お庭のトラブル > 【節約や災害への備えに!】雨水タンク設置のメリット

【節約や災害への備えに!】雨水タンク設置のメリット

0202_01

【雨水タンクのメリット】節約効果

お庭で家庭菜園などをしている方もいらっしゃると思いますが、水道水は綺麗にするためにカルキなどの成分が加えられていたり、人体に有害な成分が除去されている為、植物にとっては水道水よりも雨水タンクで貯めた水をあげるほうが元気に育ってくれます。

また、雨水タンクは庭に設置する事が多いので、水をあげる際も楽です。

夏に外に打ち水をして冷房代を節約できますし、その他トイレにも使用できる為、日常で使う水道水を減らす事ができます。

【雨水タンクのメリット】災害時の備え

0202_02
簡単にひねれば出る水道水ですが、地震などによって水道管がダメージを受けてしまうと水道水が出なくなってしまうかもしれません。

日頃から災害用に水を溜めている人もいますが、多くは料理や飲料水によって消費されてしまうので、それ以外に使う分が無くなってしまう傾向にあるようです。
トイレを流すための水は飲料水のようにキレイな必要はありませんから、雨水タンクの水が活躍します。

自然災害はいつ起こるか分かりません。
備えあれば憂いなし、というように、雨水タンクを設置しておけば水の心配は緩和されるでしょう。

【雨水タンクのメリット】都市型洪水の予防

0202_03
都市ではゲリラ豪雨などの「一時的に降る大雨」を上手く排除することができず、いわゆる「都市型洪水」になることも多く、これによって床下浸水などの被害に遭うことも珍しくありません。

その際に雨水タンクを使用する事で、大量の雨が降っても自宅の雨水タンクに貯めることが出来るので都市型洪水を緩和し、被害を最小限に抑えることができます。

このように雨水タンクを設置するメリットは日頃の水道水の使用量を減少させるだけではなく、自然災害や大雨にも備えることが可能となります。
使用用途は多いので、庭に十分なスペースが余っている家庭は設置することをお薦めします。