ホーム > トイレのトラブル > オフィストイレの空室状況を確認できるアプリ!

オフィストイレの空室状況を確認できるアプリ!

オフィストイレの空室状況を確認できるアプリ!

オフィスで働く方にとって、トイレを使用するタイミングというのは結構シビアな問題かもしれません。
トイレの数自体が少ないオフィスであれば、いつ足を運んでも誰かが使っているという状況があるかと思います。
そのような悲劇を回避するための試みがネット上で公開されました。オフィスのトイレの空室状況を確認できるアプリです。

オフィスのトイレの空室状況を確認できるアプリ

オフィスのトイレの空室状況がリアルタイムで分かるアプリが開発されました。
空室を確認した上でトイレへ行ったり、満室なら他のフロアのトイレへ向かったりすることが可能になります。

このアプリを開発したのは、2人のエンジニア。
リクルートマーケティングパートナーズの小原正大さんとリクルートライフスタイルの望月駿一さんです。

Raspberry Piと呼ばれる小型コンピュータを利用して、トイレのドアの開閉データを収集し、その結果を自身の携帯で見ることができます。

小原さんは「お腹虚弱体質」ということもあって、「近くで個室の空いているトイレがあらかじめ分かれば最高」と考えて開発に着手されました。

オフィスの男子トイレにある4つの個室に、扉の開閉を感知する自作のセンサーを設置。
センサーをRaspberry Piに接続することで、スマートフォンのWebブラウザからトイレの空き情報が一目で分かるようにしたそうです。

ブログで、実装するためにかかった費用が合計8千円程であったと紹介。
さらにこのサービスを通じて取得したデータを基に、時間ごとの満室状況の変化や個室滞在時間のグラフを公開しています。

また製作者は満室状況が可視化されることで、できるだけトイレを譲り合っていけるような体制が自然と生まれてくることを期待しているそうです。

今後は、空き個室のあるフロアへの誘導や個室が空いてきたら通知を送る機能を実装する予定です。

データから具体的にはこのようなことが分かる

オフィストイレの空室状況を確認できるアプリ!

まだ開発途中のアプリですが、今後はデータの蓄積によって次のようなことが分かるようになるそうです。

・現在、トイレが空いているか
・総ビジター数
・ビジター間の最短時間
・ビジター間の最長時間
・平均ビジター間経過時間
・時間ごとの総ビジター数
・日ごとの総ビジター数
・最も好まれているトイレはどれか
・ピークタイム
・オフピークタイム
・予測待ち時間

 
以上、トイレの空き状況が確認できるアプリのご紹介でした。
このアプリが普及することになれば、トイレの使用時間をピーク時からずらしたり、別フロアのトイレを探したりと計画的にトイレを使用することができるでしょう。
オフィスでゆっくりとトイレを使用するために、一日でも早く実用化を期待したいですね。