ホーム > トイレのトラブル > 海外の公衆トイレはなぜ有料なの?

海外の公衆トイレはなぜ有料なの?

海外の公衆トイレはなぜ有料なの?

海外に行くと、日本の常識が海外の多くの国では通用しない場面に出くわすことがあります。
その最たるものの一つが公衆トイレです。
日本では駅や公園などにある公衆トイレは無料です。

しかし海外の多くの国では、使用するのにお金が必要です。
それは何故なのでしょうか。
今回は海外のトイレが有料である理由についてご紹介します。

維持費に充てるため

公衆トイレが有料である理由は、主に二つ。一つは、コスト面です。
公衆トイレの維持管理は主に自治体が行っています。
トイレには清掃代、水道代、トイレットペーパー代など維持管理にコストがかかるため、公衆トイレは有料になっているのです。

このような公衆トイレには清掃も行う管理人がいるので、その人に使用料を払ってトイレを使います。
管理人がいない場合には、お金を入れないとドアが開かない仕組みになっているところもあります。

トイレの管理人も立派な仕事ですから、トイレの使用料は雇用のためという側面も持っています。
使用料は地域によって差がありますが、定額の場合は料金表が出ているので、それを見て支払いましょう。
小銭がない場合、両替することも可能です。

犯罪抑制のため

公衆トイレが有料になっているもう一つの理由が、犯罪抑制のためです。
公衆トイレは人目に付きにくく、特に個室が多い女子トイレは、中で犯罪が行われていても気づきにくいという面があります。
ホームレスが住みついてしまうケースも多発中です。

そのため有料化し、さらに管理人を置くことで犯罪を抑制しているのです。
逆に日本で多くの公衆トイレが無料で使えるのは、治安が良いためだとも言えるでしょう。

さらに、日本人はわりとトイレを汚さずに使うので、管理人を常駐させて清掃をする必要が少ないのです。

主な「公衆トイレが有料」の国は?

主な「公衆トイレが有料」の国は?

公衆トイレが有料なのは、主にドイツ、フランス、イタリアといったヨーロッパの国々で100円から200円程が相場です。
逆に無料の国は、アメリカ、オーストラリア、スイス、中国、インドネシアなどです。

ただし、日本のように公衆トイレが全面的に無料の上に清潔に保たれている国は数えるほどしかありません。
治安の良さ、維持費などがクリアされていることが条件になるためです。

また海外では公衆トイレそのものが少ないのも特徴です。
日本のように、あちこちにあるわけではありません。
日本のトイレ事情は世界的に見ても稀な、恵まれた環境と言えるのです。

海外を旅する時はトイレの場所をチェックし、博物館や美術館、レストランやカフェなどを訪れた際にトイレへ行っておくことがポイントです。
日本のトイレ事情を常識だと思って海外に行くと、トイレの少なさや有料であることに驚いてしまうものです。

トイレに関しては、海外では日本の常識は通用しないものとして、訪れる国のトイレ事情について調べてから行くようにしましょう。