ホーム > トイレのトラブル > 洗浄剤がトイレの事故・故障の原因になるって本当?

洗浄剤がトイレの事故・故障の原因になるって本当?

洗浄剤がトイレの事故・故障の原因になるって本当?

毎日使用し、家を訪れたお客様が使う可能性もあるトイレは常に清潔に保っておきたいもの。
洗浄剤を使って汚れを予防したり、定期的に洗剤を使って掃除したりして清潔さを保っている方がほとんどだと思います。
しかし、使用するトイレのタイプや素材によっては、洗浄剤・洗剤の使用が故障や事故の原因となってしまう可能性があります。

手洗い場に置くタイプの洗浄剤

トイレタンクの上部に手洗い場がついている場合、手洗い場に置くタイプの洗浄剤を使っているご家庭も多いのではないでしょうか。
こういった洗浄剤を使用することでたびたび見られる事故が、トイレの「水漏れ」です。

洗浄剤やタンクの形状によっては、トイレの使用後に水を流し、手洗い場の水位が上昇することで洗浄剤が転倒してしまいます。
転倒した洗浄剤が排水口をふさぎ、手洗い場から水が溢れてしまうのです。
手洗い部分に洗浄剤が隠れるくらいの深さがあり、なおかつ手洗い部分の注水量が多いという場合は特に注意が必要です。

また、手を洗った際に洗浄剤に手が当たって倒れてしまうというケースもあるため、手洗い場に置くタイプの洗浄剤を使用する場合は、水量を調整するなどの対策を行うようにしましょう。

タンク内に入れるタイプの洗浄剤

手洗い場に置くタイプの洗浄剤ではなく、タンク内に入れるタイプの洗浄剤を使用している場合も注意が必要です。

トイレタンクの中には、溜めている水が便器に流れないようにしておくための「ゴムフロート」という部分があります。
タンク内に入れるタイプの洗浄剤を使用することで、ゴムフロートの開閉を妨げてしまう可能性があるのです。

ゴムフロートが開いたままになっていると常に水が流れ続けてしまうため、水道料金が一気に跳ね上がってしまいます。
タンクに入れるタイプの洗浄剤を使用していて、「トイレから常に水の音が聞こえる」もしくは「流した後になかなか水が止まらない」という場合は、一度タンク内の洗浄剤を確認してみてください。

トイレの素材をよく確認して

トイレの素材をよく確認して

先ほどは自動的にトイレを清潔に保ってくれる洗浄剤による事故・故障をご紹介しましたが、ブラシ等でお手入れする際の洗剤選びにも注意が必要です。

最近はトイレを清潔に保つため、さまざまな素材・コーティングが使用された便器が多くなってきています。
トイレの素材を確認せずに洗剤を使ってしまうと、割れや変形、またはコーティングの劣化の原因になってしまいます。
便器の説明書をしっかりと読み、適した洗剤で掃除をするようにしましょう

トイレの洗浄剤による事故や故障についてお話しました。
便利な洗浄剤ですが、注意して使用しないと水漏れなどの事故を招くだけではなく、トイレ内部の劣化を早めてしまう可能性もあります。
洗浄剤とトイレの注意書きを良く確認した上で使用し、トイレを清潔に保っていきましょう。