ホーム > お庭のトラブル > いつでも万全に! 庭木や植木鉢の台風対策

いつでも万全に! 庭木や植木鉢の台風対策

いつでも万全に! 庭木や植木鉢の台風対策

夏から秋にかけては台風が発生しやすく、さまざまな被害を及ぼします。
しかし近年では季節に限らず台風が発生する可能性があり、また台風でなくとも強風による影響も懸念されます。
庭木や植木鉢はきちんと台風対策をしないと、危険な状態になってしまうこともあるので注意が必要です。
今回は、年間を通してできる庭の台風対策についてお伝えします。

事前の十分な台風対策が重要

庭に植えられている樹木などは、暴風雨にもある程度耐える力を持っています。

しかし台風の際には予想をはるかに超える暴風が続いたり、大雨になってしまうことも考えられます。
背の高い樹木は風の影響で倒される可能性もありますし、大雨の影響によって土がえぐられて倒れてしまったということもあります。
だからこそ、事前に十分な対策を行っておくことが大切なのです。

プランターは風の当たらないところに避難

台風が来ると分かった時点で、移動できるプランターなどは室内や、風の当たらない軒下などに一時的に避難させるようにしましょう。
まだ雨風が強くないからと油断してはいけません。

強風が吹く前にしまっておくことで、突風が吹いたときに飛ばされてしまうという危険を回避することができるのです。
移動できないくらい大きなものや、量が多すぎて避難させることができないという場合は、複数のプランターをひとまとめに置き、ひもなどで縛って飛ばされないように対策を取りましょう。

庭木はこまめな剪定を

庭木はこまめな剪定を

先述の通りある程度の風であれば、庭木には特に何もしなくても折れたり飛ばされたりする心配は少ないです。

しかし、風は高いところほど強く吹きます。
庭木の剪定を行っていないと風の影響で枝が折れたり、大きく揺れることで幹から折れてしまうこともあります。
枝と枝のあいだに適度な隙間があることで、風の逃げ道を作ることができるのです。
茂る前にこまめに剪定をしておきましょう。

また、若い庭木はまだ幹も細く折れてしまうことも少なくありません。
この場合は支柱を立てておくことをおすすめします。

台風が過ぎた後は

台風が過ぎ去り、雨風が止んだことを確認したら、庭木などに被害がないか確認をしましょう。
もし折れていた場合は、すぐに固定してください。布とテープで固定をすれば元に戻るケースも多いです。

また、台風で降る雨は風向きによっては塩分を含んでいます。
台風の後は植物の上からしっかりと水をかけて流してあげると良いでしょう。