ホーム > トイレのトラブル > 日本の「下水処理」どのように行われているの?

日本の「下水処理」どのように行われているの?

日本の「下水処理」どのように行われているの?

「家庭から出される生活排水や汚水は、どのようにして処理されているのだろう?」と疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。

特にトイレから流される汚水は気になるところですね。
そこで今回は、現代の下水処理がどのように行われているのかを紹介します。

私たちが出している生活排水がどのように処理されているのかを見てみましょう。

まずは下水処理場へ

家庭から出された生活排水は、汚水管を通って下水処理場まで運ばれます。
各市町村などによって下水処理場に運ばれるまでの方法が少し異なります。
雨水と汚水をそれぞれ別の下水管で下水処理場に運ぶ方式は「分流式」と言い、雨水と汚水を同じ下水管で運ぶ方式を「合流式」と呼んでいます。
そして下水処理場に運ばれた汚水は、いくつかの過程を経てきれいな水へと処理されていくことになります。

意外と原始的な方法が使われている

下水処理場に集められた汚水は、まずは「沈砂池」と呼ばれる大きな池に貯められます。
ここでは下水の中に含まれている大きなゴミや砂などを、大雑把に取り除いていきます。

次に行くのは「最初沈殿池」です。沈砂池で大きなゴミや砂などが取り除かれた下水は、最初沈殿池をゆっくりと流れながら進みます。
ゆっくりと流れることでゴミや砂などが沈んでいくため、沈砂池では取り除くことができなかったゴミも取り除くことができます。

そして次の「反応タンク」では、バクテリアなどの微生物を使って処理されます。
空気を吹き込むことによって活性化するバクテリアの性質を利用した、原始的だけど画期的な方法です。
バクテリアが下水中の汚れを食べ、増殖することできれいな水へと変わっていきます。

さらに消毒される

ある程度きれいになった水は「最終沈殿池」に進むことで、バクテリアなどが取り除かれます。
水の汚れの大きな原因となるリンや窒素、そして有機物を取り除くために高度処理が行われることもあります。
最終沈殿池の上澄みを消毒し、下水処理水として河川や海などに放流されます。
取り除かれた汚泥は「汚泥処理施設」に運ばれ、処理、あるいは有効利用されます。

そして自然の水環境へ

そして自然の水環境へ

きれいに処理された汚水は海や河川へと放流され、それが雨となりダムにたまり、自然の水環境へと戻っていきます。
再び私たちの家庭へとつながり、そして使われた水は下水処理場へと再び繰り返されていきます。
さまざまな経過を経てきれいになる水を、大切に使いましょう。