ホーム > お庭のトラブル > 雨で植物が弱る? 庭の植物を枯らさないための長雨対策

雨で植物が弱る? 庭の植物を枯らさないための長雨対策

雨で植物が弱る? 庭の植物を枯らさないための長雨対策

庭木にとって雨は生きていくために欠かせないものです。
しかし梅雨時などは長雨になりがちで、必要以上の雨が降ってしまうと根腐れや病気になってしまうリスクが高まります。
植物を元気に育てるには、長雨対策は必須です。
そこで今回は植物を枯らさないために行いたい長雨対策を紹介します。

密植や深植えは避ける!

根腐れを起こす主な原因は、密植による風通しの悪さです。植物同士に適度な空間がないと、風が通らず蒸れた状態が続きます。
特に長雨が続く梅雨の時期は、雨と同時に気温も高くなりがち。高温多湿が続くことで、植物には過酷な状態となってしまいます。

それを防ぐためには、植えるときに植物の間隔を適度にあけながら植えることが大切です。
深植えも湿気がこもってしまうのでNGです。
地植えの場合は根元が少し盛り上がるくらいに植えつけます。
プランターの場合は、ふちと同じ高さくらいになるように植えつけると、水が溜まりにくく水はけもよくなります。

剪定や間引きをしよう

剪定や間引きをしよう

長雨になる前に行いたいのは、剪定や間引きです。庭木の場合は植物の種類により剪定時期が異なります。
雨が降り始める前にしっかりと剪定しておくことで、風通しも良くなり植物の生育も促します。

ガーデニングフラワーなどは、夏を前に一気に生育が進む植物も多いです。
気が付いたら窮屈そうになっている場合は、根元の葉を少しカットしたり、ひとつのプランターにぎっしり植えられている場合は間引きして、風通しを良くしてあげましょう。

支柱を立てて倒れないように!

植えたばかりの植物や、背が高くなる植物は、長雨によって倒れてしまうこともあります。
それを防ぐには支柱を立てることが有効です。
倒れて地面についた状態が長く続くと、害虫が付きやすかったり病気になってしまったり、ということもあります。
早めに支柱を立てて上げれば、急な長雨でも安心です。

移動できるものは雨の当たらないところへ

プランターなどで育てている植物は、軒下など雨の当たらないところに移動することもひとつの方法です。
花がついているものや、湿気に弱いものを優先して避難させてあげましょう。屋根の下などにも置ききれない、という場合はすのこなどの上に置き、風通しをよくしましょう。

また、鉢皿の使用は避けます。雨が続くと鉢皿にも雨がたまり、植物が窒息状態となり根腐れの原因となってしまいます。
風通しを良くするためにも、室外のプランターには鉢皿は使わないようにしましょう。