ホーム > ブログ > 自宅の台風対策! 窓周辺の被害を防ぐためには

自宅の台風対策! 窓周辺の被害を防ぐためには

自宅の台風対策! 窓周辺の被害を防ぐためには

2016年の前半は台風が全く上陸せず、拍子抜けしたという人も多かったかもしれません。
しかし秋からの台風が上陸しないとは限らないため、気を抜かずに充分な対策をしておきたいものです。

雨戸のチェック

雨戸が付いている家の場合は、台風が来た時に閉めておけば安心です。
雨戸は台風でものが飛んできた時に窓や建物を守ってくれるという大事な機能を持っています。
しかし、いざ雨風が強くなってきてから雨戸を閉めようとしても、ガタついて閉められずに大変な思いをするケースもあります。
台風が来る前に、雨戸がきちんと機能するかチェックしておきたいものです。

家周りのチェック

台風でものが飛ばされて窓にぶつかってしまうと、窓が割れてしまうだけではなくけが人が出ることもあります。
植木鉢や物干し竿など、家の外に置きっぱなしにすると危ないものは、室内へと片付けましょう。
さらに、庭木に支柱を立てたり、車をガレージに入れたりという備えも大切です。
外壁や塀などにヒビや崩れなどがある場合には、暴風雨で激しいダメージを受けるおそれがあるため、きちんと補修しておくことをオススメします。

窓のチェック

雨戸やシャッター、強化ガラス等の場合はある程度安心できるものですが、そうでない場合には窓ガラスを補強しておきましょう。
ガムテープや養生テープを窓ガラスに貼っておくだけでも、いざというときガラスの脱落を防いでくれる効果があります。
またダンボールなどを窓部分に敷き詰めて補強するという方法も有効です。

窓フィルムを活用

窓に貼るフィルムを使えば、台風が直撃した時でも安心です。
窓専用のフィルムを貼ればガラスが割れても飛び散りにくいだけでなく、普段の生活で外部からの目隠しをしてくれる機能がついたものもあります。
さらに紫外線を遮断する効果や、断熱性のある窓フィルムも多く販売されています。
台風が来る前にこういったフィルムを取り入れておけば、安全で安心な生活を送ることができますね。

車のチェックも忘れずに

自宅の台風対策! 窓周辺の被害を防ぐためには

台風では、車が流されて水没したり土砂に埋まってしまったりというケースも起こり得るものです。
ガレージなどに入れるか、車にシートをかけておくなどの対策を忘れないようにしましょう。
飛来物で車の窓が割れてしまうので、家の窓と同じように補修しておくのもオススメです。

台風は自然災害なので、避けて通ることはできません。
だからこそ、台風を侮らずに万全の対策をしておくことが肝心なのです。
特に窓周辺はきちんと補修して破損が起きないようにしておけば、いざというときにも安心ですね。