ホーム > トイレのトラブル > 諦めないで!トイレトレーニング中の「外出」の注意点

諦めないで!トイレトレーニング中の「外出」の注意点

諦めないで外出する! トイレトレーニング中の「外出」の注意点

トイレトレーニング中の子どもにとって、トイレを我慢するのはまだまだ難しいものです。

親としては「外で漏らしちゃったら大変!」「でもオムツに切り替えたくはない」と迷ってしまいますよね。

ここでは、トイレトレーニング中に外出するときのポイントや注意点についてご紹介します。

着替えを2セット以上準備する

失敗してしまったときのために、予備の着替えやタオル、ウェットティッシュなどは多めに用意しておきましょう。
ズボンはやや大きめのものを履かせれば、トイレや着替えがスムーズになります。
荷物はかさばりますが、ベビーカーなどに入れて持ち運ぶと良いでしょう。

外出先のトイレの場所を把握しておく

ショッピングセンターなどには、補助便座や子ども用便座があることも多いものです。
こういった場所へのお出かけなら、スムーズにトイレができるので安心ですね。
補助便座がない場合には親が子どもの体を支えてあげましょう。
外出先のトイレや自動洗浄の音などを怖がる子どももいます。
その場合は「大丈夫だよ」と声かけをしながら乗り切りましょう。

トレーニングパンツを活用

普通のパンツでお漏らししてしまうと、公共の場の床を汚してしまう恐れがあります。
お出かけには、紙パンツを履かせたい気持ちをグッとこらえて、トレーニングパンツを履かせるのがオススメです。
トレーニングパンツなら、失敗してもある程度パンツに染み込むので、床をあまり汚さずに乗り切ることができます。
おむつライナーやパッドを活用するのも良いですね。

やむを得ない場合には紙パンツもアリ

長距離の電車移動など、やむを得ない時には紙パンツを使うのもアリです。
パンツの上から紙パンツを履くとか、おしっこしたいときに紙パンツに履き替えるというのも有効な方法です。
このとき、“どういう方法をとりたいか”を子どもに意思確認しておくと良いでしょう。
子どもにも「こうしたい!」という気持ちがあるので、その意見を尊重してあげると効果的ですよ。

子どもに「声かけ」をしよう

子どもに「声かけ」をしよう

お出かけの前には、子どもにきちんとトイレについて説明しておきましょう。
「おしっこ行きたくなったら教えてね」「トイレが近くにないこともあるから、早めに教えてね」などの声かけが大切です。

外出中の子どもはついついトイレのことを忘れてしまうものです。
こまめに「トイレ行く?」と声をかけてあげましょう。
「言ってもわからないだろう」とは決して思わずに、根気よく声かけするようにしてください。

もちろん、「トイレが成功したらいっぱい褒めること」「失敗しても怒らないこと」はとても大切です。
「トイレが心配だから」と外出を控える親もいますが、ぜひ万全の対策をしてお出かけを楽しんでくださいね。