ホーム > お庭のトラブル > 秋だからこそガーデニングで明るい庭にしよう!

秋だからこそガーデニングで明るい庭にしよう!

秋だからこそガーデニングで明るい庭にしよう!

暑かった夏も過ぎて、いよいよ秋がやってきましたね。
秋といえば、コスモスなどのシックな花が目を引く時期。庭に咲く花たちも秋仕様にしたい。

でも、ガーデニングにはあまり馴染みがなくて踏み切れない、という人もいるのではないでしょうか。
そんな人のために、育てやすい花をご紹介します。

パンジー

スミレ科の、寒さに強い花です。
秋から春にかけて咲くので、長い間、庭に彩りを与えてくれます。

植え方について

植えるなら10月頃が適しています。
寒さがくるまでに、十分に根を張らせることができれば、それだけ長い期間楽しむことができますよ。

水やりについて

表土が乾いたら適宜たっぷり与えましょう。
ただし、注意してほしいのは、早朝や夕方の水やりです。土が凍ってしまう原因になるので、気温が上がった頃に水やりをしましょう。

苗を選ぶポイント

株元がしっかりしていてわき芽や葉数が多いもの、蕾がたくさんついているものを選びましょう。

コスモス

コスモス

秋を代表する花です。夏頃から晩秋まで楽しめます。
ポット苗や鉢花なども売られているので手軽に始められます。

肥料について

肥料はあげすぎないようにしましょう。
あげすぎると、茎や葉ばかりが生育して、開花も遅くなります。他の草花に比べ、半分以下を心がけましょう。

切り戻し作業について

夏の終わりにコスモスの草丈半分を切って肥料を足しましょう。
10月になれば株が横に張って、多くの花が見られるようになります。
ちなみに切り戻し作業とは、伸びた枝や茎を、途中まで切り詰める作業のことです。
切り戻しをすることで、下から元気な枝が伸び出てくるので、伸びすぎて姿が乱れた株などの仕立て直しができます。

ガーデンシクラメン

花付きのポット鉢として10月~1月に販売されています。
室内で楽しむシクラメンとは違い、寒さに強く、屋外でも育てやすい花です。

植え付けについて

球根は浅めに植えることが重要。
植え付け後はたっぷりと水を与え、屋外の明るい日陰に1週間おいてから日当たりのよいところに置きましょう。
苗の植え付けはあまり寒くなると根の張りが悪くなります。
9月下旬ぐらいからが適しています。

肥料について

水はけの良い土地を作りましょう。
赤玉土6:腐葉土3:パーライト1の割合がよいです。
なお、市販のシクラメン用の土の使用も可能です。
財布と相談して、どちらかお手頃のほうを選びましょう。

ガーデニングは初心者がいきなり育てにくいものから始めると挫折しやすいです。
育てやすく、綺麗な花から始めると、ガーデニングの奥深さを知ることもできます。
涼しくなり、風が心地よい季節だからこそ、庭の草花と触れ合ってみるのも楽しいですよ。