ホーム > トイレのトラブル > トイレットペーパーを流さない国リスト

トイレットペーパーを流さない国リスト

トイレットペーパーを流さない国リスト

実は日本が「“超”トイレ先進国」だということをご存知でしたか。
世界では、トイレットペーパーを水に流さない国々が大多数なのです。
今回の記事では、「トイレットペーパーを流さない国」をリストアップしていきます。

アジア

■中国・台湾・韓国、タイ
アジアへの旅行先として人気の韓国や中国・台湾・タイからみていきます。
これらの国は、トイレットペーパーは使えますが、使用済みの紙はトイレに流さず、ゴミ箱に捨てます。
理由としては以下の2つが挙げられます。
・日本とは違って、下水設備が整っていないため、紙を流すと詰まってしまう
・製造されているトイレットペーパーがトイレに流すことを想定して作られていないために水に溶けない

これらの国ではヨーロッパや欧米に比べて渡航費用が安いため、初めての海外旅行先として選ぶ人も多いのではないでしょうか。
もちろん、旅先の文化に触れることも旅行の醍醐味ですが、もしも抵抗がある人は、水に流せるティッシュを用意しておくことをお薦めします。

また、タイについては、トイレットペーパーを使わずに個室内にある桶およびシャワーの水でお尻を洗う文化もあります。
外国人が使うことが予想されるホテルや空港には、トイレットペーパーもシャワーも両方備えているところがあります。
臨機応変に対応しましょう。

東南アジア、インド周辺や中東

東南アジアやインド、中東のトイレには、トイレットペーパーはありません。
その代わりに、蛇口と桶があります。
これはどのように使うかといいますと、用を済ませた後に、設置された桶に水を溜めてから手でおしりを洗います。
まさに「手動ウォシュレット」です。
桶の代わりにシャワーが設置されている場合もあります。

このような地域ではトイレットペーパーを現地で調達するととても高価です。
日本からトイレットペーパーを持参するとよいでしょう。

ヨーロッパ

ヨーロッパ

トイレの個室内に入ると、洋式便器の横に手洗い場にも見える台が設置されています。
これは「ビデ」というものです。
基本的には局部を洗うものですが、足などを洗うときにも便利だといわれています。

結局は手で洗うので、上記の手動ウォシュレットのシステムと同じということになります。
違いとしてはお湯も出る、両手を使用して洗うことができる点にあります。
使い方は、便器に座るのとは逆向きにまたがって、蛇口をひねって出てくる水で手を使って洗います。

改めて世界のトイレ観に触れてみると、日本は水に恵まれた国であることと、トイレの清潔さを再認識できます。
旅行などで日本を訪れた外国人が、ウォシュレットをはじめとした日本のトイレに驚くのもうなずけますね。

これらの国に海外旅行に行く際は、行き先のトイレがどんなものなのか、調べてから出発することをお薦めします。
そして、くれぐれも習慣で無意識にトイレットペーパーを便器内に捨ててしまわないように注意してください。