ホーム > トイレのトラブル > 非常時や災害時に利用されるマンホールトイレとは

非常時や災害時に利用されるマンホールトイレとは

非常時や災害時に利用されるマンホールトイレとは

災害時に心配な問題はたくさんあります。そのひとつがトイレの問題です。
いざというときに慌てないために、非常時や災害時に使用されるマンホールトイレの使い勝手や設置位置の確認方法などについてご紹介します。

災害時は日常生活を行うことすら困難

人々は災害から救助された後も日常生活を続けていかなければなりません。
地震、大規模な山崩れ、津波などの広範囲に及ぶ災害では、市民一人一人に対して十分なケアが行き届くまでにかなりの時間がかかることが予想されます。
家屋が倒壊したり、道路が分断された状況下では日常生活を行うことが難しいと考えられ、体が元気な状態であってもさまざまな問題に直面することが予想されます。

マンホールトイレとは

地震などで水道管が破壊されると、家庭や施設内のトイレを使用することが難しくなるため、仮設トイレが日常的に必要となります。
災害時以外にもイベントなどで仮設トイレを使用したことがある人は多いかもしれませんね。
ただ、仮設トイレは、管理の問題や平時の保管場所の問題が起こりやすいというデメリットがあります。

一方、マンホールトイレは、既存のマンホールの仕組みを利用したトイレのことです。
下水に直結しているため便利な面もある一方で、下水管の詰まりや悪臭の防止などに取り組むことが求められます。

マンホールの蓋は、平常時は安全のため簡単に開閉できないように作られており、非常時は市の職員がマンホールの蓋を開け、マンホールトイレの設置の準備がすすめられることでしょう。
等間隔に配置されたマンホールの穴の上にまたがるように椅子型の便座が設置され、その上に座って用を足す仕組みです。
周囲は簡易テントで覆われ、プライバシーの確保がしやすいように配慮されています。

マンホールトイレの位置を確認するには

マンホールトイレの位置を確認するには

災害用のマンホールトイレは、学校や市町村の施設など広域避難場所に指定されている場所に設置されることが予想されます。
広域避難場所の位置は各市町村の窓口やホームページなどから確認することができます。

ただ、すべての市町村でマンホールトイレの設置工事が円滑にすすめられているわけではないため、災害時に十分なトイレが確保できないという事態を防ぐにはできるだけ早いマンホールトイレの設置が待ち望まれます。

また、緊急時に突然マンホールトイレを使用したいと考えても、マンホールトイレの使用経験がある人は少ないため、市民の側でも多少の訓練が必要となるでしょう。
マンホールトイレの整備や運用方法は、国土交通省のホームページから確認できるので、万が一の時のために一度目を通しておくのも良いですね。

災害が起こってからだと、皆がパニックになっていたりして冷静な対応ができないこともあります。
他人事と思わず、平時のうちから万が一に備えておくことが大切になります。