ホーム > お風呂・洗面所のトラブル > 「風邪を引いた時はお風呂に入らない」の真実

「風邪を引いた時はお風呂に入らない」の真実

「風邪を引いた時はお風呂に入らない」の真実

子どもの頃に「風邪を引いたらお風呂に入らないように」と言われながら育った方もいらっしゃるかと思います。
体に負担をかけないようにお風呂には入らないほうが良いと考えている方も多いですが、お風呂に入ることで体を温めることもできるはずです。
そもそも「風邪を引いたときにお風呂に入らない」という考え方は本当なのでしょうか。
この認識が広まった背景を踏まえつつ、その真実に迫ります。

「体調不良時の入浴はNG」が広がった経緯

実はヨーロッパでは「風邪を引いたら入浴すべき」と考えられていることはご存知でしたか。
「入浴NG」は日本の環境が作った考え方だといわれています。当時の日本の入浴は銭湯の利用が中心だったため、入浴後に冷たい風に当たることが頻繁にありました。
以前の日本の住まいは隙間風が多い環境だったため、入浴後に体が冷えがちになっていたのです。

その一方でヨーロッパでは昔からレンガ造りなどの家が一般的だったため、風呂上がりでも熱を逃がすことなく体を温かい状態で保ちやすい環境でした。
この「環境の違い」が体調不良時の生活様式にも違いを生み、今でも風習として根強く残っているのです。

当時から日本の環境も大きく変わり、銭湯を日常的に利用する方は減って、自宅で入浴をすることが一般的になりました。
室内を暖かな状態で保つこともできるようになったため、入浴後に体が冷える心配が少なくなったことで「体調不良時の入浴はNG」という考え方が見直されつつあります。

入浴時の効果と注意点

風邪を引いている時に入浴をすると、血管を拡げてくれるため血流が良くなります。
体温よりも温かいお湯に浸かることで熱を逃がそうと働いてくれるので、解熱剤を利用せずに熱を下げてくれる働きも期待できます。
また浴室内に湯気を充満させることによって喉の保湿にもつながるのです。

その一方で、体調不良時に入浴する際は「体を冷やさないこと」「体力を消耗させないこと」の2点は注意しておきましょう。
浴室内を暖くして、全身浴で体を温めるように心がけます。
入浴後もなるべく早く体を拭き、早めに布団に入るよう心がけましょう。
また、熱いお湯での入浴は体力の消耗につながるため、お風呂の温度にも気をつける必要があります。
適温とされている温度は41度前後なので、この温度設定の入浴を心がけましょう。

変わりつつある考え方

「風邪を引いた時はお風呂に入らない」の真実

「風邪を引いたときの入浴はNG」という風習は日本の過去の生活様式から生まれた考え方でした。
しかし今では医師の中でも「風邪を引いたときこそ入浴をするべき」と考えている方が増え、今までの風習が変わりつつあります。
もちろん体を冷やさないような心がけは大切ですが、得られる効果も大きいので可能な限り取り入れていきたいですね。