ホーム > トイレのトラブル > 多くのトイレで「白の便器」が選ばれる3つの理由

多くのトイレで「白の便器」が選ばれる3つの理由

多くのトイレで「白の便器」が選ばれる3つの理由

現代は室内の内装にまつわる物を、幅広いデザインの中から好みに合わせて自由に選ぶことができます。
これはトイレに関しても例外ではありません。
トイレの内装はもちろんのこと、便器の色も自由に選ぶことができます。

しかし、自宅や店舗など、どのような場所でも白い便器を使ったトイレが多いように感じます。
ここでは、トイレで白の便器が多い理由をご紹介したいと思います。

白の便器は清潔感のある色で掃除の時に便利

トイレがモダンな雰囲気である場合、その雰囲気に合わせて、便器も抑えた色合いのものを選びたくなってしまいます。
ところが、暗い色の便器は汚れが目立ちにくいため、便器がどの程度汚れているのか分かりにくく、掃除をする時にやや不便さを感じることもあるかもしれません。

トイレは毎日使用するので常に清潔な状態を保っておく必要があります。
白の便器であれば汚れに気がつきやすく掃除の時に便利なことから、白の便器を選ぶ方が多いようです。

白の便器はどのようなトイレの内装にも合う

トイレの内装にもこだわりを持って、居心地の良い空間作りをされる方が増えています。
また、室内の模様替えをするように、トイレマットや便座カバーなどの色やデザインを、季節によって定期的に変えるという方もいらっしゃるかもしれません。

白の便器はどのような色とも相性が良いので、あらゆる色やデザインのトイレマット、便座カバーを組み合わせることができます。
また、トイレに置く棚なども選びやすいでしょう。
便器の色との組み合わせに悩む必要がなく、自由にトイレの雰囲気を変えることができるという理由から、白の便器を選ぶ方が多いようです。

白の便器は毎日の中で健康状態を確認しやすい

白の便器は毎日の中で健康状態を確認しやすい

排泄行為は、日常生活で欠かすことのできない大切なものです。
用を足した後、便や尿の状態を見ることで健康状態を確認することができます。
特に尿の色の変化は微妙であるため、便器に色がついていると、尿の色の変化が分かりにくい場合があります。

白の便器は、便の色や形、尿の色などをはっきりと見ることができる色なので、現在の健康状態を確認しやすいという特徴があります。
このように、トイレの大切な役割を考えた上で、白の便器を使うケースも少なくありません。

時代の流れによって、ものデザインや色の人気などは移り変わっていくものですが、トイレにおける「白い便器」は長い間多くの方から選ばれ続けてきました。
デザイン面や実用性の面でメリットが大きいので、もしトイレのリフォームを検討しているのであれば、白い便器を選ぶのが使い勝手が良く安心でしょう。