ホーム > トイレのトラブル > 感染しやすいノロウイルス、トイレから対策を!

感染しやすいノロウイルス、トイレから対策を!

感染しやすいノロウイルス、トイレから対策を!

ノロウイルスの感染経路は主に感染者の吐瀉物などから感染すると考えられています。
何とか感染を防ごうと各家庭で対策をしていると思いますが、意外と盲点なのがトイレです。
そこで今回は、なぜトイレが感染しやすいスポットなのか、またどのような対策をするべきなのかを紹介します。

トイレ内はウイルスが飛び散っている!?

 
トイレは排泄を行う場所ですので、部屋やリビング以上に入念なお手入れをしているかと思います。

しかし、しっかり処理しているつもりでもウイルスは目で確認することができないため、どのくらいの範囲にまで飛び散っているかはわかりません。
トイレなら「便器内だけでおさまっているから大丈夫!」と思っている人もいるかもしれませんが、実は大きな間違いです。
手で触れていないと思っていても、手にノロウイルスが付着していることは珍しくありません。

特に下痢の場合、ウイルスが思わぬところに飛び散っているので、手にウイルスが付着している可能性も十分に考えられます。

その手でペーパーホルダーやトイレのフタ、ドアノブなどを触ってしまえば、そこにウイルスが付着します。
そのため、家族がトイレを利用した際に二次感染してしまうことが多いのです。

また、男性は立って用を足す人が多いのも注意点のひとつ。
立って用を足すと、『尿はね』という形で便器内のウイルスとともに便器の外へと飛び跳ねます。
これが乾いて空気中に拡散されると、その部分を触っていなくても二次感染してしまいます。

男性は座って用を足す、流す前にフタをする

 
トイレ内にノロウイルスの拡散を防ぐには、いかに飛び散りを抑えるかということがポイントです。
ひとつは男性も座って用を足す習慣をつけること。これだけでもウイルスの拡散を減少することができます。
もうひとつは流す前にフタを閉めること。水を流す時には、尿はねと同様に便器の外へと細かい水しぶきがはねてしまいます。
これを防ぐために、流す前にフタを閉めることがポイントです。

徹底した手洗い、消毒を

徹底した手洗い、消毒を

家庭内にノロウイルス感染者がいる場合、外出していなくても手洗いはこまめに行うようにしましょう。
特にトイレに行った後は、石鹸でしっかり手を洗うことが大切です。

トイレ掃除もこまめに行ってください。ノロウイルスは塩素系の消毒剤が有効です。
水で薄めた消毒剤をスプレーなどで吹き付け、ペーパーでふき取るなどの対策をします。
便器内だけでなくフタや洗浄ボタン、手洗いスペースや床、ドアノブまでしっかりと消毒することで、家庭内の二次感染を予防することができます。
消毒をする時は使い捨てのゴム手袋やマスクを着けることを忘れずに。

トイレ掃除をこまめに、そして広範囲を掃除することを忘れずに行うこと。
手洗いを徹底すること。
フタを閉めてから水を流すこと。
そして男性は座って用を足すこと。
ちょっとした心がけがノロウイルスの予防効果を高めてくれるはずです。