ホーム > トイレのトラブル > ヒートショック対策に? トイレの暖房器具の選び方

ヒートショック対策に? トイレの暖房器具の選び方

ヒートショック対策に? トイレの暖房器具の選び方

冬場は部屋でぬくぬくと過ごしたいものですが、人間ですからどうしてもトイレに行きたくなりますよね。

しかし冬場のトイレは家の中でもトップクラスに寒いものですから、あまり行きたくないと感じている方も多いのではないでしょうか。
そんな中、最近ではトイレ内に暖房器具を設置する人が増えています。

寒いトイレはリスクがいっぱい! ヒートショックにも要注意

トイレを我慢することは健康面で見ても良くないことですから、速やかに行っておきたいところ。
しかし冬場は「寒い」「便座が冷たい」など、ついついトイレを我慢しがちです。
また、寒いトイレは「ヒートショック」の原因にもなります。
ヒートショックとは気温が急激に変化することで起こる現象で、心筋梗塞・脳梗塞などの原因ともなります。

快適にそして安全に用を足すためには、トイレ内にも暖房器具は設置したいところです。
ではどのような暖房器具を選ぶべきなのでしょうか。

暖房器具はトイレ環境に合ったものを選ぼう

暖房器具はトイレ環境に合ったものを選ぼう

トイレ内の暖房に適した器具はいくつかあります。
その中から、家庭のトイレの環境に合ったものを選びましょう。

・暖房便座・温水便座
便座そのものを温める機能が付いた『暖房便座』や、加えて温水でお尻を洗浄する機能が付いた『温水便座』は今や多くのご家庭で導入されているのではないでしょうか。
個室ではなく便座を温めることで、座った時のヒヤリとした感触をなくし、トイレ内の寒さを緩和することが可能です。

・輻射式暖房器
パネルヒーターやハロゲンヒーターなど、遠赤外線を利用して熱を発する暖房器具です。
温風が出るわけではないので、広い部屋を暖めるには時間がかかりますが、狭いトイレにはピッタリのアイテムです。

・対流式暖房器
ヒーターなど温風が出るタイプの暖房器を対流式暖房器もトイレに合います。
小型の電気式の対流式暖房器なら、狭いトイレにも持ち込むことも可能です。
比較的早く温めることができるので、短時間利用するときにだけつける場合に向いています。

ずっと温めておくか、使うときだけ温めるかで決めてもOK

暖房器具にはそれぞれ特徴があり、トイレの使用頻度などによって変えてもいいでしょう。
輻射式の暖房器具は足元などをピンポイントで温めることには優れていますが、トイレ内全体を温めることには向いていません。
足元だけ暖かければいいという場合や、比較的トイレの使用頻度が高く1日中つけておく可能性が高い場合は、輻射式暖房器のほうがおすすめです。
反対に、トイレの使用頻度が少なく使うときだけ温めたいというなら、対流式暖房器を選んだほうが快適にトイレを使用することができます。

トイレが暖かいだけで、冬場の生活がグッと楽になるはずです。
どの暖房器具を使うかは、家族の人数やトイレの使用頻度、求める暖かさなどに合わせて選ぶようにしましょう。