ホーム > お風呂・洗面所のトラブル > お風呂を傷めてしまう! 入浴剤の間違った使い方

お風呂を傷めてしまう! 入浴剤の間違った使い方

お風呂を傷めてしまう! 入浴剤の間違った使い方

入浴剤を入れることでお風呂の時間がリラックスしたものになります。しかし入浴剤によっては大切な浴槽を傷つけてしまったり、給湯器の故障の原因になったりすることがあるので注意が必要です。
安心して入浴剤を使うにはどうしたら良いのでしょうか。入浴剤の間違った使い方と正しい使い方をご紹介します。

入浴剤の間違った使い方

・浴槽の材質に合っていない入浴剤を使っている
浴槽の材質に合ってない入浴剤を使うことで浴槽が傷むことがあります。
最も警戒が必要なのが硫黄成分を含む入浴剤です。
大量に使用すると強化プラスチックや大理石でできた浴槽が光沢を失い、金属部分が腐食することがあります。そのほかの材質でも変色や変質の恐れがあるので注意が必要です。
ソルト系の入浴剤も金属を腐食させる働きをもっているので、金属製の浴槽では使用を避けた方が良いでしょう。
炭酸ガスが発生する入浴剤を使用することでも大理石の光沢が失われることがあります。
乳白色のお風呂が濁るタイプの入浴剤には無機系酸化チタンが含まれていることがあり、浴槽を劣化させるので注意が必要です。特に木の浴槽には使用しない方が良いでしょう。

・お湯が循環するタイプのお風呂に入浴剤を使っている
お風呂の沸かし方には給湯器で沸かしたお湯を浴槽に入れるタイプ、浴槽と風呂釜をパイプで繋ぐことでお湯が循環するタイプ、浴槽に水を張って沸かすタイプがあります。
このなかで浴槽と風呂釜のお湯が循環するタイプは、入浴剤の種類によっては循環経路内の金属部分を劣化させてしまうことがあります。
使用しない方が良い入浴剤は、硫黄成分を含むもの・ソルト系のもの・炭酸ガスが発生するもの・無機系酸化チタンを含むものです。
お湯が循環するタイプのお風呂は取り扱いに十分気をつける必要があります。
上記以外の入浴剤を使用する場合でも入浴剤に表示されている注意書きをよく確認することが大切です。その際に追い焚きのスイッチはOFFにしておく必要があります。

入浴剤の正しい使い方

・浴槽や風呂釜を傷めない入浴剤を使う
安心して入浴剤を使用するためには、浴槽や風呂釜を傷めない製品を選ぶことが大切です。
入浴剤のパッケージには「風呂釜や浴槽を傷めない」「風呂釜に影響を与えない」「全自動給湯器には使用できない」などの表記があるので、このような注意書きを目安に入浴剤を選ぶと良いでしょう。
また、使用している浴槽の材質などをメーカーに問い合わせるなどして浴槽に適した入浴剤を使用するとさらに安心です。

・入浴剤を使用した後にお風呂を綺麗に流す
入浴剤を使用した後、そのままにしておくと入浴剤に含まれている成分が浴槽の材質に影響を与えてしまうことがあります。
使用可能な入浴剤であったとしても入浴後はお風呂の栓を抜いて、浴槽の中をしっかり洗い流すようにしましょう。

・適量の入浴剤を使うようにする
入浴剤を大量に使うことで、含まれている成分が浴槽により強く影響を与えてしまうことがあります。
家庭用の入浴剤は大きめの容器に入っていることから目分量で入浴剤を入れてしまうことがありますが、決められた量を守ることが大切です。

入浴剤を正しく使用してお風呂を楽しもう!

お風呂を傷めてしまう! 入浴剤の間違った使い方

豊富な種類の入浴剤があるので、どの入浴剤を選べば良いか迷ってしまうことがありますよね。
入浴剤を選ぶときは香りや期待できる効果などで選んでしまいがちですが、お風呂を大切にするためにも浴槽に適した入浴剤を選んで正しく使用しましょう。