ホーム > トイレのトラブル > トイレ詰まりを解消! 「ラバーカップ」の使い方

トイレ詰まりを解消! 「ラバーカップ」の使い方

トイレ詰まりを解消! 「ラバーカップ」の使い方

トイレが詰まってしまっても「ラバーカップ(すっぽん)」があればなんとかなると思っていませんか。しかし実際にラバーカップを使用するときに、正しい使い方を知らないと上手く詰まりを解消できないかもしれません。
いざというときのために正しいラバーカップの使い方を覚えておきましょう。

ラバーカップには種類がある

ラバーカップはホームセンターなどでよく売られていますが、その種類はひとつではありません。
「排水口用」「トイレ用」「(節水型トイレなどの)特殊なトイレ用」と大きく分けて3種類のラバーカップがあります。また同じトイレ用のなかでも「和式トイレ用」「洋式トイレ用」があります。
それぞれ形状が微妙に異なるので、自分の家のトイレにあったラバーカップをきちんと確認してから購入すると良いでしょう。

ラバーカップの使い方

・まずはトイレの水を確認
ラバーカップを使用する前にトイレの水の状態を確認しましょう。
ラバーカップはトイレに水がない状態だと効果がありません。
便器に水が入っていないようでしたら、バケツなどで水かさを増してください。ラバーカップを便器の穴に押す位置の上あたりに水がくるくらいになると良いでしょう。
トイレが詰まったまま水を流し過ぎて、水かさが増しているときはあふれないように気をつけながら水を減らしてください。

・静かに押して力を入れて引く
水を確認したら、ラバーカップを便器の穴に押しつけていきます。
ラバーカップの使い方の基本はカップの空気を抜くように静かに押してへこましていくことです。何度か押すと便器の穴にぴったりとはまる感覚があるので、繰り返し静かに押します。
引き上げるときには力を入れて引き抜きましょう。引き抜く際に水が飛び散る可能性があるので、トイレにはビニールシートをひいたりするなどして跳ね返りに注意してください。
この作業を繰り返すことで水が引いていって詰まりが解消します。

・すぐに水を流してはいけない
詰まりが解消したように見えてもすぐに水を流さないようにしましょう。もしもまだ詰まりが解消していない場合、水があふれてしまう恐れがあります。
詰まりの原因となっていた異物がある場合はきちんと取り除いてください。それからバケツで水を流してみて、スムーズに流れるかどうか確認をします。
スムーズに流れるようでしたらトイレのハンドルを回して水を流すことができます。

詰まりが解消しない場合は

トイレ詰まりを解消! 「ラバーカップ」の使い方

ボールペンなどの固形物を流してしまってラバーカップを何度使っても取り除くことができない場合は、プロの業者に頼んで詰まりを解消してもらいましょう。奥まで異物が入り込んでいる場合、どうしても詰まりが取れないケースもあります。
しかし、大抵の詰まりは正しくラバーカップを使うことで解消できます。万が一トイレが詰まってしまったときには上記の方法を参考にしてみてください。