ホーム > お風呂・洗面所のトラブル > お風呂の湿気問題を解消する3つの方法

お風呂の湿気問題を解消する3つの方法

お風呂の湿気問題を解消する3つの方法

お風呂は毎日使う設備ですし、家の中でも湿度が高い場所ですから、油断するとすぐにカビが発生してしまいます。
しかし、家庭によっては掃除を徹底していてもカビに悩まされているところもあるかもしれません。実はカビ防止に効果的なのは「掃除」よりも「適切な換気」であることはご存知でしたか? 今回はお風呂にカビを発生させないような湿気をこもらせない方法をご紹介していきます。

カビを発生させないように心がけたい「お風呂の換気術」

カビが好む場所として「石鹸カスなどの有機物」「温度」「湿気」がある程度ある場所が挙げられます。つまりこれらの条件が全て揃っているお風呂は、カビが最も繁殖しやすい場所の1つと言えますね。逆にいうとこれらの要因を取り除いてあげることで、カビ防止につながります。カビの発生を抑えるために必要なポイントをご紹介します。

・入浴後にお風呂を冷やす
入浴が終わったら、お風呂全体を冷水で洗い流しましょう。そうすることでお風呂全体の温度を下げて、湿気の発生を抑えることができます。一度お風呂を洗い流すことで、こびりついた石鹸カスなどを取り除けるという効果にも期待できます。
小さな心がけですが、たったこれだけでカビの繁殖を抑えることができるため、取り入れてみる価値はあるといえるでしょう。

・お風呂の換気扇を回す
湿気を手っ取り早く減らすためには「換気扇の活用」が基本ですよね。ただし、換気扇を使う場合は窓やドアを閉めておくことを徹底するようにしてください。窓を開けてしまうと、そこから空気の通り道ができてしまい、湿気をうまく取り除くことができなくなってしまうのです。
換気扇を回す前に一度お風呂にある水分を拭き取ることで、お風呂を効率よく乾燥させることができます。少々面倒ですが100円ショップなどで手に入る水切りワイパーなどを使うだけでも効果があるので、余力があれば取り入れてみましょう。

・浴槽にお湯を残す場合は蓋を閉める
家庭によっては節水のために湯船にお湯を残すこともあるかと思います。そういった場合は必ず浴槽の蓋を閉めるようにしましょう。残り湯から出る湯気が水滴を作り、そこからカビを発生させてしまう原因になります。
実際に残り湯を長時間溜めたお風呂は、そうでないお風呂と比べてカビの発生頻度が高い傾向があるため、蓋をするなどの心がけは忘れないようにしたいですね。

お風呂の湿気問題を解消する3つの方法

お風呂は体の汚れをキレイにする場所ですが、お風呂自体が不潔だと気分があまり良くありませんよね。換気や入浴後のケアなどちょっと手間がかかるものもありますが、キレイなお風呂を保つためにも今回紹介したような方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。