ホーム > トイレのトラブル > DIYでトイレットペーパーホルダーを作る方法

DIYでトイレットペーパーホルダーを作る方法

DIYでトイレットペーパーホルダーを作る方法

トイレをより使いやすくアレンジするときには、マットや便座カバーなどが活躍します。簡単に手に入るのでご自宅で実践している方も多いかと思います。しかしトイレットペーパーホルダーはどうでしょうか。
トイレットペーパーホルダーはプラスチック製の簡素なものが一般的です。ホームセンターなどではデザイン性の高いものも販売されていますが、取り付けに手間がかかることも少なくありません。また替えのトイレットペーパーはそのまま置いておくと生活感が出てしまい、とてもおしゃれなトイレとは言えない状態に……。

そこで今回はトイレットペーパーホルダーのDIY法についてご紹介します。
DIYというと手の込んだ工作をしなければいけないイメージがありますが、トイレットペーパーホルダーは、100均グッズや布を使って簡単に作ることができるのです。
それでは簡単にできる2つのDIYトイレットペーパーホルダーの、材料や手順、デザインのコツを見てみましょう。

棚型ホルダーを100均アイテムでDIY!

トイレットペーパーホルダーは、100均ショップで販売している「木の端材」から作ることができます。
一番簡単な方法は、プラスチック製のホルダーに端材を貼り付けて、それを装飾するという方法。そのままスプレーニスを吹き付けてシンプルな白木のデザインにしてもいいですし、タイルや彫刻を施してもおしゃれに仕上がります。既存のホルダーの上に貼るだけなので、ネジ付けが要らず手軽に実践できますね。

少し手を加えて、棚型のトイレットペーパーホルダーを作ってみても良いでしょう。
ある程度の形やサイズを決めたら、店頭で木の端材を探します。ちょうどいいサイズのものが見つかったら、あとは端材を買ってご自宅で組み立てるだけ! 接着剤で組み立てれば、ネジ留めは壁に取り付ける時だけで済むのでお手軽です。
替えのトイレットペーパーを入れる部分を設けたり、ドアを付けたりと、完成した後も好みに合わせてどんどん加工できるのがDIYの良いところですね。

布一枚から手作りホルダーカバーをDIY!

DIYでトイレットペーパーホルダーを作る方法

手芸が得意な方は、ホルダーをキルトや編み物で手作りしてみましょう。
今回ご紹介するのは、初めてのDIYでも挑戦できる一枚の布をベースにした方法です。
用意するものは80cm×20cmほどの縦長の布と、マジックテープ、バイアステープやレースといった装飾用品です。布の横幅は、ホルダーの開閉蓋と同じ長さになるように調節して縫い合わせておきましょう。
まず片方の端を20cmのところで折り返し、端から1cmのところで縫い合わせます。1cm残した部分は、バイアステープやレースで装飾してもいいでしょう。
続いて替えのペーパーを入れる部分を作ります。先ほど縫い合わせた箇所の少し下と、末端にマジックテープを仮縫いします。このとき一度ホルダーに付けてみて、寸法を確認しておくと仕上げがスムーズです。
最後にカバー部分を装飾しましょう。
布自体の柄だけでなく、模様やレースを縫い付けてもかわいく仕上がります。替えを入れる側はホルダーの隙間に通すので、あまり分厚い装飾はおすすめできません。その分カバー部分をお好みのデザインに仕上げてみてください。

端材を組み合わせた方法も、布を使ったものも、手軽に始められるDIYです。アイデアと工夫次第では、もっと便利でおしゃれなデザインにすることもできます。ぜひ挑戦してみてくださいね。