ホーム > お風呂・洗面所のトラブル > お風呂の排水溝つまりを解消する方法とは

お風呂の排水溝つまりを解消する方法とは

お風呂の排水溝つまりを解消する方法とは

お風呂場の排水溝のつまりは本当に面倒で不快なもの。
何をしてもなかなか改善されないと、心底気が滅入ってしまいますよね。
業者の方にお願いして直してもらっても良いですが、実は方法さえ知っていれば自分でも直すことができる場合も少なくありません。
今回はお風呂場の排水溝のつまりを解消する方法について紹介していきます。

お風呂場の排水溝のつまりを解消する方法

1.排水トラップを掃除する
排水管の匂いや害虫を防ぐために水を貯めている「排水トラップ」の汚れによって、水の流れを阻害されていることが多いです。
排水トラップの汚れが原因の場合は、排水口のフタを開けてヘアキャッチャーを取り除き、排水トラップを外して分解し洗ってみましょう。
お風呂場のヘアキャッチャーや排水トラップは汚れが溜まりやすいので、定期的に掃除を行うと良いですね。

2.パイプクリーナーを使って汚れを溶かす
排水トラップがキレイになっても水が流れない場合は、排水管内のゴミを溶かす洗剤を使ってパイプ内を掃除しましょう。
市販のものを使ってももちろん良いですが、より強力な業務用排水管洗浄剤を使うのもオススメです。

使い方も簡単で、排水口にクリーナーを流し込みしばらく置いてから洗い流すだけでOK。
ただ業務用のものは刺激が非常に強いため、必ず換気をしながらマスクやゴーグルを着用して利用するようにしましょう。

3.排水管の中の汚れを削り落とす
クリーナーでは水の流れが改善されない場合は、排水管の中にワイヤーブラシなどを入れて直接汚れを削り落としていきます。
ワイヤーブラシはホームセンターで購入できますが、用意が難しい場合は針金のハンガーをまっすぐに伸ばして代用してもOK。
少しでも水が流れるようになれば、パイプ用クリーナーでより排水口のつまりを解消していくことができます。

4.それでも改善が見られない場合
これらのメンテナンスを行っても水が流れない場合は、排水管の奥の方に問題があるケースが多く、個人では対応が難しいと言えます。
なるべく早めに専門業者に依頼し見てもらうことが大切です。

お風呂場の排水つまりの予防方法

お風呂の排水溝つまりを解消する方法とは

お風呂場の排水口や排水管は、皮脂や髪の毛・シャンプーや石鹸などのカス・垢などによりとても汚れが溜まりやすくなっています。
お風呂場の排水つまりを予防するためには、定期的なクリーニングを行うことが非常に大切なポイント。
1〜2週間に1度程度は排水トラップ周りをキレイにしたり、パイプ用クリーナーでのケアを行っていきましょう。
小さな子供やペットがいるご家庭などでクリーナーの匂いや安全性が気になる方は、カップ1杯のお酢と同量の重曹を排水口に流してメンテナンスを行う方法もオススメです。

定期的なメンテナンスを行って、気持ちの良いバスタイムを楽しんでくださいね。