ホーム > お庭のトラブル > 愛犬を放し飼いにできる庭づくりのポイントとは?

愛犬を放し飼いにできる庭づくりのポイントとは?

愛犬を放し飼いにできる庭づくりのポイントとは?

庭に出て遊びたがるワンちゃんは多いですが、一般的なお家の庭では犬の飛び出しや危険な植物による健康被害などが心配です。
愛犬と一緒に遊べる安全なお庭を作るためには、どのようなことに気をつけたら良いのでしょうか?
今回は愛犬を放し飼いにできる庭づくりのポイントについて紹介していきます。

1.犬が飛び出さないよう柵やフェンスを用意する

愛犬が庭から飛び出してしまうと、車との接触で犬が怪我を負ってしまったり、近所の方が犬に噛まれるなど大きなトラブルに発展してしまう可能性が高くなります。
また柵やフェンスがあることで、外部からの音や視線を軽減し犬や飼い主のストレスの緩和効果も期待できますね。

柵やフェンスを取り付ける際に気をつけたいのは、必ず愛犬に合わせたサイズのものを用意すること。
小型犬の場合は網目の隙間が細かいものを選んだり、大型犬の場合は背が高く強度がある囲いを用意するようにしましょう。

庭から外へ出る人間用に出入り口を作るのも良いですが、ドアから間違って犬が外へ出てしまわぬよう二重に扉を付けるようにするとより安心です。

2.危険な植物は犬の届かない場所に置く

キレイな花や植物は見ていて気持ちが良いですが、実は犬が食べてしまうと命に関わるような危険な植物も数多く存在します。
安全か分からない植物はなるべく犬の届かない場所に飾るか、花壇をフェンスなどで囲ってしまうと安心ですね。
特に球根植物には注意が必要な物が多いため、細心の注意が必要です。

3.地面の素材

地面の素材は、犬が走りやすく夏や冬の温度変化にも左右されにくい素材を使うのがオススメ。
土や芝生・人工芝なら、肉球にも優しく滑りにくいため走りやすくて良いでしょう。
またガーデニングショップなどで購入できるウッドチップをひくのもGOOD。
ウッドチップをひけば雑草対策にもなりますし、夏の暑さ対策にも効果的です。

4.噴水や水辺に触れないようにする

庭にある噴水や水辺にはボウフラが繁殖しやすくなっています。
そのため水辺に犬が近づくことで、蚊を介してフィラリアに感染してしまう危険性があります。
定期的にフィラリア症予防を行うことも大切ですが、なるべく庭の水辺には近寄ることができないよう囲いなどを利用すると良いでしょう。
犬を水で遊ばせてあげたい場合には、犬用のプールなどを用意すると安心です。

愛犬を放し飼いにできる庭づくりのポイントとは?

大好きな愛犬と仲良く遊べるお庭は、犬の運動不足やストレス解消にも非常に効果的なもの。
お庭にドッグランを作っても良いですし、日よけのテラス屋根やシンボルツリーを設置しても素敵ですね。
楽しく安全なお庭を作り、愛犬との生活をより充実したものにしていきましょう。