ホーム > トイレのトラブル > トイレマットって必要? 見た目や衛生面の問題

トイレマットって必要? 見た目や衛生面の問題

立ちと便座トイレ

毎日の生活に欠かすことのできない「トイレ」 トイレが清潔だと気分良く1日を過ごせますよね。
トイレをより心地良くお気に入りの空間にするために「トイレマット」を利用する方も多いですが、実はトイレマットは敷かない方が衛生的という意見もあります。
今回はトイレマットを敷くことのメリットとデメリットをご紹介し、その必要性について改めて考えていきたいと思います。

トイレマットを使うメリット

トイレマットの大きなメリットとして、殺風景なトイレを自分好みの空間に近づけることができるというインテリア的役割があります。足元の色味を変えることで、簡単にトイレの模様替えをすることができます。
トイレマットとトイレカバー・スリッパ・トイレットペーパーホルダーなどがセットの商品も多いので、これらを利用することで統一感のあるトイレになるのも嬉しいメリットですよね。

またトイレマットには「寒い季節の足元の冷えを防ぐ」という効果があるのも大きなメリットのひとつ。トイレを一年中快適に使う上で、足元のトイレマットは大きな役割を果たしてくれます。

更にトイレマットを使うことで、汚れが目立たなくて済むというメリットも。トイレの床掃除をあまりしない方には、床をきれいに見せてくれる便利グッズと言えます。

トイレマットのデメリット

トイレマットの最も大きなデメリットは、汚れが見えにくくなってしまうということ。
汚れが目立ちにくいことは感覚的なメリットにもなりますが、掃除をするタイミングを失ってしまうので衛生面にはマイナスポイントになってしまいます。
トイレマットを敷いていない時は、汚れをそのまま拭き取ることもできます。一方マットがあると汚れがマットに吸い取られてしまうため、簡単な掃除ができず汚れや菌が蓄積されてしまうのです。

またトイレマットを長く洗わずにいると、マットと床の間にカビが発生してしまうことも。
トイレマットが水や尿によって濡れ、それを放置することでカビ菌が増殖してしまいます。カビが発生すると掃除がよけいに大変になりますし、カビによる健康被害も気になりますよね。
トイレマットにカビが生えたまま放置していると、部屋全体がカビの温床になってしまいます。マットを利用する際には、こまめに洗濯などを行いよく乾かしてから使いたいものです。

ただしトイレマットの洗濯は、他の衣類とは別に行いたいと考える人も多いです。そのため洗濯の回数が増え、乾かすまでに時間がかかるという点もデメリットのひとつと言えるでしょう。

トイレマットの必要性は? 使う時の注意点

ブラシとトイレ

トイレマットは、トイレをお気に入りの空間にしてくれたり、汚れを目立ちにくくさせてくれるなど嬉しい効果も多いものですが、掃除を怠ると衛生的に問題が出る可能性もあります。
トイレマットは使わずこまめに簡単な掃除を行えば、床のカビの発生を防ぎ清潔を保てることは覚えておきたいですね。

トイレマットを使いたい場合は、定期的に洗濯を行うことが大切なポイント。
汚れているように見えなくても、2週間〜1ヶ月に一度は洗濯をして、しっかり乾かしてから利用するようにしましょう。