ホーム > お庭のトラブル > 庭に人工芝を使うメリットとデメリット

庭に人工芝を使うメリットとデメリット

人工芝の上を駆ける犬

美しく手入れされたお庭は、その家の印象まで良いものに変える力を持っていますよね。しかし季節によって庭の手入れはとても大変な作業ですし、手間をかける時間が取れないとキレイな状態をキープするのはなかなか難しいもの。
庭に人工芝を入れると、手入れの手間が少なく済むとも言われますが、具体的にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
今回は庭に人工芝を導入するメリットとデメリットについて紹介していきます。

庭に人工芝を導入するメリット

●人工芝はメンテナンス不要
人工芝が持つ最大の魅力といえば、やはりメンテナンスの必要がないこと。
手順通りに人工芝を導入すれば、防草シートの効果で雑草はほとんど生えませんし、定期的に伸びた芝を刈り揃える必要も、肥料を与える必要もありません。
肥料や水やりもしなくて良いため、維持費がかからないのも嬉しいポイント。忙しく庭のお手入れに時間がかけられないという方や、面倒な手間を少なくしたい方にも人工芝はオススメです。

●見た目が変わらずコンディションをキープできる
さらに人工芝は一年中見た目が変わらず、状態が損なわれないのも魅力です。天然芝の場合は時期によって育ちが悪かったり、日当たりによって育ち方が変わる、美しく見えないなどの問題が起こりがち。人工芝なら特別な知識がなくても美しい庭をキープすることができるので、ガーデニング初心者の方も安心です。最近は人工芝の種類にもバリエーションが出てきており、園芸の選択肢が広がっています。

●土を使わず泥跳ねしない清潔さ・安全性
また人工芝は土を必要としないので、雨の日に泥がはねるといった心配もありません。人工芝自体がクッション代わりにもなるため、小さなお子さんが遊べるお庭を作りたい方にも嬉しいですね。

天然芝と比べた人工芝のデメリットとは?

設置されるロール状の人工芝

●地ならしや防草シートなど初期コストがかかる
人工芝の最大のデメリットは、初期コストが高いこと。
人工芝をキレイに導入するためには土地をしっかり平らにならす下地調整工事や、防草シートを敷き詰める施工が必要になるため、天然芝を敷くよりもお金がかかってしまうことが少なくありません。

●自力で導入して失敗することも
自分で人工芝を入れる方もいますが、下地調整や防草シートの張り方などが不十分だと人工芝の劣化が早まったり、人工芝の下から雑草やカビが発生してしまうこともあるのです。水はけの悪いシートを使うと水たまりができて虫が発生することもあります。

●熱を溜め込む
人工芝は熱を溜め込んでしまいやすいため、夏場は少し熱く感じるというデメリットもあります。天然芝は太陽が照り付けても35度程度に留まりますが、真夏の人工芝は70度近くになることもあるのです。

メリットの多い人工芝ですが、下地調整整地工事や防草シート施工をしっかり行わないと庭造りを失敗してしまうこともあります。
人工芝を入れる際には信頼できる専門の業者によく相談し、しっかり納得してから依頼することも大切なポイントです。人工芝のメリットとデメリットをよく理解し、美しい理想のお庭を作っていきましょう。