ホーム > トイレのトラブル > トイレが“凍結”した場合の対処法

トイレが“凍結”した場合の対処法

トイレが“凍結”した場合の対処法

冬場の寒い時期などは、トイレの水道管部分が凍結してしまい水が流せなくなることがあります。トイレは水が流せないと異臭が漂い致命的な問題となりますので、一刻も早く直したいところです。
ここでは、トイレが凍結した場合の対処法をご紹介していきます。

冬場のトイレが凍結する原因とは?

冬場は、寒さにより水道管内部が凍結してしまい、水が流れなくなることがあります。目安としてマイナス4℃以下の環境ですと、凍結が発生しやすくなります。
特に、冬場に旅行などで家を数日開け、トイレを利用しない期間が長くなると凍結は起きやすいです。
また、屋外のトイレなどで冬場に水が流れないのも、大半は凍結が原因となっていると考えられるでしょう。

トイレが凍結したときの対処法1:お湯をかける

トイレが“凍結”した場合の対処法

トイレが凍結した場合の対処法として、まずお湯をかけることがあげられます。50℃程度のぬるま湯をやかんなどに入れ、壁とトイレタンクを繋ぐ水道管部分にタオルを巻きつけてからお湯をかけていき解凍します。

ここでポイントとなるのは、ゆっくりと少しずつかけること。冷気と熱が急激に混ざりあうと、水道管が破裂する恐れがあります。また水道管自体は破裂しなくとも、内部のパッキンが破損し水が止まらなくなることもあります。

焦らずに少しずつ水道管をお湯で温めていってください。

トイレが凍結したときの対処法2:ドライヤーをあてる

トイレが凍結した場合の対処法として、ドライヤーでも解凍が行えます。ドライヤーの温風を利用し水道管に当て続けることで、内部で凍結した水を徐々に解凍することができます。

その他、軽度の凍結であれば水道管に「カイロ」を巻く、エアコンの暖房でトイレ周辺まで温めるといった対処法もお薦めです。

トイレが凍結したときの対処法3:自然解凍を待つ

たまたま厳しい寒さの日が続き凍結してしまったパターンであれば、温度の上がる晴れの日を待つことで自然解凍できることもあります。
普段はトイレの凍結など起きない地域でたまたま発生した状況であれば、解凍までの間は別のトイレを使うようにして、自然解凍を待ってみるのもひとつの方法です。

対処法を講じてもトイレの凍結が直らない場合は

お湯やドライヤーを使っても凍結が直らない場合は、手の届かない水道管部分まで凍結してしまっている可能性や、寒さや凍結によりトイレに別の問題が生じている可能性もあります。
このような状態になってしまうと素人では原因の切り分けや対処が難しくなるため、トイレの修理業者に対応を依頼するのが確実です。

軽度であれば、水道管にお湯やドライヤーを使うことで解凍できることがありますので、トイレが凍結してしまった場合は自分で試してみてはいかがでしょうか。