ホーム > お風呂・洗面所のトラブル > お風呂のカビは「片栗粉」で除去できる!?

お風呂のカビは「片栗粉」で除去できる!?

お風呂のカビは「片栗粉」で除去できる!?

お風呂の天敵となるカビ。水気の多いお風呂では、梅雨時や夏場はもちろん年間を通してカビが発生しやすい場所です。
お風呂のカビの除去はいくつか方法がありますが、家庭の片栗粉と塩素系漂白剤を使うことで簡単に除去することができるとご存知でしょうか。
今回は、この方法についてご紹介していきます。

片栗粉でお風呂のカビを除去するには

片栗粉でカビを除去する場合、以下のものを用意しましょう。

●片栗粉
●塩素系漂白剤
●手袋
●小皿
●スプーン

塩素系漂白剤は、家庭で使用する市販のものでかまいません。

片栗粉でお風呂のカビを除去する方法

片栗粉を使ったカビの除去法を、順を追って説明していきます。

1.除去液を作る
片栗粉と漂白剤を混ぜ、除去液を作ります。
手袋をした上で、片栗粉スプーン大さじ1杯、塩素系漂白剤スプーン大さじ1.5杯の割合で小皿などに入れます。カビが多く沢山使う場合は、同じ比率で量を増やしてください。
その後、粘り気が出るまでゆっくりとかき混ぜるのがポイントです。液状のままだとカビ部分に上手く付着しないことがあるため、かき混ぜる作業は怠らないようにしてください。

2.除去液を塗る
完成した除去液を、カビが蔓延している部分に塗っていきます。隙間になっている箇所は、筆や細かいブラシなどを使うと塗りやすいです。もれの無いように、まんべんなく塗っていきましょう。

3.5分ほど放置する
除去液を塗った状態で、5分程度放置します。洗い流すまでの時間が短過ぎると、カビが分解されず上手く除去できないことがあります。逆に放置し過ぎても、漂白剤によりお風呂のゴム部分を痛めてしまうことがありますので注意が必要です。

4.シャワーで洗い流す
5分程度過ぎたら、シャワーの温度を50℃以上に設定してから除去液を洗い流していきます。これで除去液と共にカビも綺麗に洗い流せるだけでなく、カビ予防にもなります。

片栗粉でお風呂のカビを除去する場合の注意点

お風呂のカビは「片栗粉」で除去できる!?

片栗粉に害はありませんが、塩素系漂白剤を使用するときは注意が必要です。漂白剤の成分が手に付着すると、手の表面の皮膚が溶けヌルヌルとした違和感を覚えたり、皮膚の弱い方ですと手荒れの原因に繋がることもあります。そのため、作業をする際は手袋を着用した上で行うことをお薦めします。

また前述もしたとおり、漂白剤が長時間付着しているとお風呂のゴムやパッキンを痛めることがありますので、5分程度を目安に洗い流すようにしてください。5分は意外と早く過ぎますので、お風呂全体のカビ掃除をする場合などは何回かに分けて作業するのが良いでしょう。

家庭にあるアイテムで手軽にできるだけでなく、意外なほどカビが綺麗に落ちますので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
お風呂場がキレイになれば、バスタイムの快適性もアップするはずです。