ホーム > トイレのトラブル > 【狭過ぎはNG】トイレの理想的な広さ

【狭過ぎはNG】トイレの理想的な広さ

【狭過ぎはNG】トイレの理想的な広さ

近年のトイレはただ用を足す場所だけでなく、優雅な時間を過ごせる空間としての魅力も求められるようになってきました。家庭のトイレでも個室のように広いトイレや、洗面所付きのホテルのようなトイレも作られるようになってきていることをご存知でしょうか。
この記事では、トイレの広さはどの程度が快適なのかを探っていきます。

快適なトイレにするには最低1畳は必要

快適なトイレにするには、およそ1畳の広さが必要になってきます。数値で表すと、横幅75㎝以上、縦幅120㎝以上が目安です。近年の家庭のトイレは大抵の場合この広さを基準に作られています。
理由としては、以下のようなことがあげられます。

・トイレの縦幅
現在販売されているトイレの便座の横幅は45㎝程度です。便座横にトイレットペーパーや手すりを配置すると、30㎝程度のスペースが必要となります。
それにより、75㎝程度の横幅が必要になってくるといえます。

・トイレの縦幅
現在販売されているトイレの便座の縦幅は、タンク付きトイレで80㎝程度、タンクレストイレの場合は70㎝程度といわれています。そして、用を足した後に前に立ち上がる際には40㎝程度のスペースが必要となります。
それにより、120㎝程度の横幅が必要になるといえるでしょう。

こういったことから横幅75㎝以上かつ縦幅120㎝以上、畳にして約1畳の広さが快適に過ごすうえでは必要になってくるのです。

さらに快適にするのであればより広く

【狭過ぎはNG】トイレの理想的な広さ

1畳はあくまで快適に過ごすための最適基準であり、より快適で便利なトイレにしたいのであれば、さらに広くするに越したことはありません。

たとえば2畳や3畳とトイレを広くすると、以下のようなメリットが得られます。

・圧迫感が減り、トイレでも個室のような心地良さが味わえる
・洗面台などをトイレに配置でき、便利にゴージャスにできる
・合わせてドアを大きくすることで、車椅子のままトイレに入れる

見た目だけでなく、実用面でも自由度が広がり快適さがアップするのです。

トイレを広くしすぎることで生じるデメリット

トイレをあまりに広くしすぎると、以下のようなデメリットとなる部分も生まれてきます。

・トイレを広くした分だけ、他の部屋に回せるスペースが狭まる
・トイレ掃除に時間がかかる
・転倒した場合、トイレが広すぎて支えとなる壁が近くにないと、床に転がる恐れがある。ただし、壁や洗面台に身体をぶつけて負傷するリスクは減らせます。

トイレをかなり広く作りたい場合は、こういったデメリットも頭に入れておくと良いでしょう。

以上がトイレの広さについてとなります。
広すぎてもデメリットとなりますが、狭いトイレですとそれ以上に日々不満が募ってきます。毎日使うトイレは、快適に過ごせるようある程度の広さを得るべく気を配ってみてはいかがでしょうか。