ホーム > お風呂・洗面所のトラブル > お風呂のドア汚れを落とす掃除のコツ5つ

お風呂のドア汚れを落とす掃除のコツ5つ

お風呂のドア汚れを落とす掃除のコツ5つ

お風呂のドアは、カビや皮脂など色々なタイプの汚れが溜まりやすく掃除が大変な箇所です。さらに、隙間も多いため汚れも残りやすく、中途半端に掃除しただけではキレイにならないこともあります。
ここでは、そんな厄介なお風呂のドア掃除のコツを5つご紹介していきます。

1.お風呂のドアの石鹸カスや皮脂汚れ

白くぬるぬるした汚れは、石鹸カスや皮脂が集まってできた汚れです。主にお風呂のドアのガラスやサッシの部分にできやすい傾向があります。

これらの汚れは、家庭で使用する「中性洗剤」や「重曹」で掃除しましょう。中性洗剤や水で薄めた重曹を吹きかけ、5分程度放置したらスポンジなどで掃除していきます。軽度な汚れであればこれだけで洗い落とせます。

2.お風呂のドアのカビ汚れ

お風呂のドア汚れを落とす掃除のコツ5つ

お風呂のドアの隙間などに溜まりやすい黒っぽい汚れ。この正体はカビです。

カビは市販の「カビ取り洗剤」を利用します。カビ取り洗剤を吹きかけ5分程度したらスポンジなどを使って掃除していきます。

頑固なカビでなかなか落ちない場合は「クエン酸」がおすすめです。お風呂掃除用のクエン酸を適量に水とまぜ、キッチンペーパーなどに染み込ませます。それを汚れのある箇所に貼り付け1時間程度放置。その後はキッチンペーパーを剥がし、スポンジなどで擦れば、頑固な汚れでもきれいに落としやすくなります。

3.お風呂のドアのピンクの汚れ

お風呂のドアの端などにできるピンクの汚れ。この正体はロドトルラと呼ばれる酵母菌の一種です。皮脂や水分を栄養として繁殖しピンクになっています。

こちらも、中性洗剤や重曹を使うことで洗い流せます。なおロドトルラが一度発生すると掃除しても再びすぐに発生することがあるため、「消毒用エタノール」などで殺菌・消毒を施しておくと完璧です。

4.頑固な汚れは繰り返し掃除する

これらの手順で掃除しても、頑固な汚れの場合は一度では落ちないことがあります。その場合は、同様の作業を2~3度繰り返すことがポイントとなります。

回数を繰り返せば根の深い汚れも少しずつ分解されていきますので、頑固な汚れの場合は面倒ではありますが、繰り返し掃除をしてみてください。

5.掃除後は乾燥を

水分は、カビや雑菌の養分となります。せっかく掃除をしても水分が残っていると、すぐにまた汚れが広がってしまいます。

乾燥の方法としては、換気扇がある場合は換気扇を1時間程度回しておいてください。浴室暖房乾燥機がある場合は乾燥モードが有効です。
いずれもない場合は、掃除後にお風呂のドアを開けておき、自然乾燥させてあげるのがよいでしょう。

以上がお風呂のドア掃除のテクニックとなります。
お風呂のドアは隙間も多いため、お風呂場の中でも汚れが溜まりやすい部分。掃除の頻度を減らすためにも、1回の掃除でしっかりと洗い流しておくことが大切ですね。