ホーム > トイレのトラブル > 災害時のトイレ対策「水の活用法」がカギとなる

災害時のトイレ対策「水の活用法」がカギとなる

災害時のトイレ対策「水の活用法」がカギとなる

普段の日常生活では想像するのも難しいですが、災害時には普段何気なく使っている水が不足して困ってしまうケースが多いです。一体、災害時にはどのようにトイレの水を確保すれば良いのでしょうか?
災害時に役立つトイレ対策や水の上手な活用法について紹介します。

災害時のトイレはどうしたら良い?

生活用水の不足は、災害時の大きな心配ごとのひとつ。普段何気なく使っているトイレもかなりの水が必要になるため、災害時にトイレが使えず困ってしまうことも少なくありません。
災害で断水が起きた場合はトイレの水も流れません。そのため、うっかりトイレを使ってしまうと汚物が放置されてしまうことになります。すると次第にニオイもきつくなり、不衛生な状態が続いてしまうのです。

災害時にはトイレの回数を減らそうと、水分や食事の摂取量を減らしてしまう人もいます。しかし、こういった行動はエコノミークラス症候群や体調不良の元になってしまうので避けるようにしましょう。

トイレ用水の上手な節水法は?

上水道が止まっていても下水道が無事ならば、水を汲み置きしておくことでトイレを流すことができます。災害に備え、普段から使用済みペットボトルなどに水を入れて、邪魔にならない場所に蓄えておくのが良いでしょう。
こういった備蓄のないまま災害に遭ってしまった場合には、断水する前にお風呂に水を張っておくようにしてください。
たとえば4人家族ならば、飲み水以外に100リットルの水があれば3~4日程度は大丈夫でしょう。トイレを1回流すためには、約6~8リットル、バケツ1杯分ぐらいの水が必要です。最新型のトイレなら、3リットル程度の水でもキレイに流すことができます。

対策のひとつとして水を使わないトイレを用意しておく

災害時のトイレ対策「水の活用法」がカギとなる

上水道、下水道ともに止まってしまった場合に備え、簡易の携帯トイレを用意しておくと良いでしょう。携帯トイレはホームセンターやアウトドアショップ、インターネットショッピングなどで購入できます。
携帯トイレは凝固剤の入ったものや、吸収シートの入ったものがあり、トイレの便座にセットするほか、バケツなどにセットして使うこともできます。使用後には防臭効果のあるポリ袋などに捨て口を固く縛り、ゴミの回収日まで蓋付きのバケツやゴミ箱などに入れておくと良いでしょう。
携帯トイレの処理の後には消毒スプレーを使ったり、ウェットティッシュなどで手を拭いたりして、衛生面にも配慮してください。

災害時には水を思ったように使えないことが多く、深刻なトラブルにつながってしまうことも多いです。いざという時のために、普段から災害時のトイレ対策について意識しておくようにしましょう。