ホーム > トイレのトラブル > 子どものトイレトレーニングはいつから始める?

子どものトイレトレーニングはいつから始める?

子どものトイレトレーニングはいつから始める?

子どものトイレトレーニングに頭を悩ませている方も多いでしょう。
「いつから始めるのがベストなの?」
「おもらしが怖くてなかなかオムツが外せない……」
このように悩みはさまざまですが、いつかは挑戦すべき時がやってきます。
スムーズにトイレトレーニングを開始するためにも、いつから始めるのが最適なのか、また楽しくトレーニングをする方法についてチェックしていきましょう。

トイレトレーニングはいつから始めるのがベスト?

人それぞれ個性や好き嫌いがあるように、子どもの成長スピードには個人差があります。
あまりに早くトイレトレーニングを開始してしまうと、トレーニング期間が長引いて、子どもがトイレを嫌ってしまう可能性もあります。
周りの子と比べると、親としての焦りを感じることもありますが、トイレトレーニングを開始するタイミングに正解はありません。楽しくトレーニングをするためにも、まずは子どもがトイレトレーニングを開始できる状態かどうかを見極めることが大切です。

トイレトレーニングができるようになるのはいつから?

トイレトレーニングを開始するにあたって、タイミングを見極めるためには2つのポイントがあります。
まず1つ目は「おしっこの間隔が長くなっていること」です。おしっこの間隔が長くなっているということは膀胱が成長していると言えるため、おもらしをせずに膀胱に溜めておけるようになったことがわかります。
そして2つ目は「トイレのタイミングで自己申告ができるようになっていること」です。
オムツをしていても、おしっこやうんちをしたタイミングでママやパパに「おしっこ」「うんち」と恥ずかしがらずに言えるようになっていると、スムーズにトレーニングにうつることができます。

トイレトレーニングはいつから始める? 季節や年齢などの目処はある?

先述している通り、トイレトレーニングを開始すべきタイミングは子どもによって異なりますが、目安となる年齢は「2歳以降」。
2歳以降になると膀胱の成長も進んでいるため、おしっこの間隔が長くなっていることが多いと言えます。また、2歳を過ぎるとママやパパとの意思の疎通ができるようになるため、トイレトレーニングの内容を言葉で伝えることもできます。
さらに、トイレトレーニングを始めるのであれば「春」「夏」の季節に開始するのも1つの方法です。春夏の季節になると洋服が薄着になっているため、トイレの際に洋服の着脱がしやすくなります。万が一おもらしをしてしまっても、簡単に洗濯できるということも春夏の季節にトレーニングを開始するメリットと言えるでしょう。

楽しく上手にトイレトレーニングを行う方法

・おもらしをしても怒らない! 上手にできたらたくさん褒める
子ども本人はもちろん、ママやパパも楽しくトイレトレーニングに励むためには、「絶対に成功させる」と意気込みすぎるのはNG。
トレーニングをしていると、少なからず失敗してしまうときもあります。万が一おもらしをしてしまっても、決して怒らずに「次は頑張ろうね」とポジティブに励ましてあげましょう。
また、トイレで上手におしっこができたときには、「よくできたね」「すごいね」と笑顔で褒めてあげることも大切です。

・シールやお菓子のごほうび制度でやる気アップ!
「トイレに行きたいことを伝えられた」「きちんと便座に座ってトイレができた」
このように上手にトイレができたときには、ごほうびとしてお菓子やシールをあげると、子どものやる気アップにつながります。
ごほうびを用意することで、トイレトレーニングが成功したことを目と体で実感することができ、楽しく続けることができるでしょう。

子どものトイレトレーニングはいつから始める?

子どものトイレトレーニングには悩みもありますが、長引いても失敗しても笑顔を与えながら続けることが大切です。
また、はじめのうちは子どもからの自己申告ばかりに頼らず、ママやパパから「そろそろトイレに行こうか?」と誘ってあげるのも重要なポイント。寝起きや食事の前、食後、寝る前などのタイミングを見計らい、上手にトイレに誘い出してあげましょう。
楽しくトイレトレーニングを行って、長い目でオムツ卒業を目指してくださいね。