ホーム > トイレのトラブル > トイレが我慢できない「過活動膀胱」とは

トイレが我慢できない「過活動膀胱」とは

0513_01
急にトイレに行きたくなって我慢できなくなったり、夜中トイレに行きたくて目が覚めたり、といった経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか。

このようなお悩みは人には相談しづらいですし、漫然と「年のせいかな」と考えている方もいらっしゃることと
思います。

しかしこれは、「過活動膀胱」という病気の症状である可能性があります。

これは一体どのような病気なのでしょうか。
今回は、知っておきたい過活動膀胱の症状と対策についてお伝えします。

過活動膀胱の3つの症状

0513_02
過活動膀胱の症状には、主に以下のようなものがあります。

「急に我慢できないような尿意を催す(尿意切迫感)」
「トイレが近い(頻尿・夜間頻尿)」
「急にトイレに行きたくなって我慢できずに尿が漏れてしまうことがある(切迫性尿失禁)」

人間がトイレ(尿)に行く回数は、日中は5~7回、寝ている間は0回が正常とされています。

日中8回以上トイレに行ったり、夜寝ているときに1回以上尿意を
催して起きてしまうのであれば、頻尿(夜間頻尿)状態になっていると言えるでしょう。

日本人にも非常に多い過活動膀胱

過活動膀胱は、日本人に非常に多い症状です。
日本には約810万人もの過活動膀胱の患者がいて、40歳以上の人の8人に1人がこの過活動膀胱の症状を呈していると
言われています。
単に加齢による頻尿だと思っていても実はこの病気かもしれないというわけです。

過活動膀胱の原因は脳卒中や脳梗塞、パーキンソン病や脊髄の損傷に関わる神経的な要因によるものと、骨盤底筋など身体的な原因に基づく非神経的な要因によるものの2通りがあります。

これに加え、日常習慣や加齢に基づくものなど原因を特定しにくい雑多なものもあると言われています。
そして実際にはこの原因を特定できないのものが最も多いとされます。

治療法と日頃の対策について

0513_03
では、過活動膀胱はどのように治療し、また日頃どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

治療については、上記のとおり原因が様々ですので、きちんと医師の診断を受けて原因に応じた治療を受ける必要が
あります。
たとえば骨盤底筋を鍛えたり、投薬、電気刺激なども用いられます。

また日頃気をつけるべきことですが、尿意を催すからといって水分摂取を控えすぎるのは良くないとされています。
適量の水分を摂ることは、過活動膀胱の予防のために大切です。
たとえば体重60キログラムの方であれば毎日1.2リットル程度の水を摂ることが推奨されています。