ホーム > トイレのトラブル > 気温とトイレの関係

気温とトイレの関係

0622_01

夏より冬のほうが尿意を感じやすい理由

寒い日にはトイレが近くなるもの。
しかし、それは一体何故なのでしょうか。

実は寒い日にトイレに行きたくなる現象には、科学的な理由がいくつかあるのです。
そもそも人間の体の中では、いつでも一定量の水分が保たれるようにできています。

しかし寒い日は、暑い日に比べて汗をかきにくいもの。
冬は汗をかかない分、夏に発汗する水分と同量が全て尿に変わる仕組みになっているのです。
夏場には摂った水分は体から汗として排出されたり、体表から蒸発したりするためトイレの回数も減ります。

体が縮こまることが尿意の原因?

 
寒気で尿意を感じることがあると思います。
寒さが人の体に刺激を与え、膀胱が収縮することで尿意は生まれるのです。

また、冷え性の人も尿意を感じやすいといいます。
末端の血管が縮まって手足などに充分に血液が送られなくなり、手足に回らなかった分の血液が、心臓に近い部分に溜まります。
体が冷えると体の末端の血液が減り、体の中心の血液の量が増える作用が起こるのです。

すると、体は血液の量を一定にしようとして水分を体外に排出しようとします。
冷えに対する体の防御反応も、寒い日の尿意につながっているのです。

水分補給はほどほどに

0622_02
寒さでトイレが近くなってしまう理由は理解していただけたかと思います。
逆に体を温めれば、ある程度尿意を減らすことができるのです。

しかし、いくら温めるとはいえ、ホットコーヒーやアルコールなどの利尿作用のある飲み物は逆効果。
温かいスープやお茶などをゆっくり飲んで体を温めるのがお薦めです。
生姜や香辛料を使ったスープで冷えを改善するのも効果的ですね。

ただし、たくさん水分を摂れば当然ながらトイレに行きたくなってしまいます。
汗をかきにくい時期は、意識的に水分を取らなくても食事などで充分な水分を得ることができますので、トイレの回数を減らしたいのであれば水分補給はほどほどにしましょう。

トイレの回数を減らすには?

0622_03
体調や疾患などによっても、トイレの回数が増える場合があります。
例えば冷え性や運動不足の人、妊娠中の人。

また、ストレスを抱えている人、自律神経が乱れている場合や、更年期障害でも尿意を感じやすくなります。

糖尿病、尿道結石、膀胱炎などの疾病でもトイレが近くなります。
このような疾患を治療することで、トイレの回数を減らすことができる場合があります。

 
また、ダイエットや睡眠不足などのストレスが尿意に影響する場合もありますので注意が必要です。
体を温め、ストレスを溜めずに生活するというだけでも、ある程度尿意をコントロールすることができます。