ホーム > トイレのトラブル > トイレのリフォームで重視すべき3つのポイント

トイレのリフォームで重視すべき3つのポイント

0710_03

トイレは生活に欠かせない場所であり、リフォームを行うことで毎日の過ごし方が変化します。
毎日を快適に過ごせるよう、リフォームに失敗しない為のポイントと、重視するポイントをご紹介します。

それは一体どのような規則なのでしょうか。

ポイント1「便器のみを取り換えるリフォーム」

ここでの注意点は「トイレの広さに合った便器を選ぶこと」です。
人気があるのは、ゆったり座れる大きめの便座です。

しかし大きめの便座を選んでしまった為にトイレが使い辛くなってしまうことがあります。
スペースの殆どが便座で埋まってしまったら窮屈ですし、掃除が大変になってしまいます。
大きめの方が良いと思ってもしっかり考え、トイレのサイズに合ったものを選ぶことが大切です。

ポイント2「トイレ全体のリフォーム」

トイレは汚れがつきやすく湿気の多い場所でもあります。
その為、壁や床は汚れの付きにくいものを選びましょう。

また消臭効果があるものもあるので、よく調べてみましょう。
セラミックタイルやコーティングされたフローリング、壁はカビ防止のものや抗菌のものを使えば、清潔な状態のまま保つことができます。
照明は明るめにすることで、トイレの状態や汚れを確認しやすくなるのでお薦めです。

また、トイレ全体のリフォームは便器のみの取り換えとは違い数日間に渡ります。
工事中はトイレが使えなくなる為、仮設トイレを設置しなくてはいけない場合があります。
仮設トイレの有無や設置する場合は屋外か屋内か等に注意をし、リフォームの日程を確認しましょう。

ポイント3「目的に合ったリフォーム」

0710_04
デザインも大切ですが「掃除がしやすい」「窮屈にならない」等、これでリフォーム後の毎日を快適に過ごせるかを考えてみましょう。
考えがまとまったら機能性や快適さ、安全さを重視してリフォームの計画を立てます。

例えば将来の生活の事を考え、誰にでも使いやすい場所にする為に扉を大きめにとったり、簡単に開けられるように引き戸にしたり、床の段差をなくしたり等。
また、トイレの脇に手すりなどの体を支えられるものを設置することで、立ち座りの動作を楽にできるようにもなります。

トイレは毎日使う場所であるからこそ、しっかり計画を立てて失敗をしないようにリフォームを行う必要があります。
人を招く場合は家族だけでなく、他の方も使う場所になりますので「機能性、快適さ、安全さ」に十分に配慮した空間作りをして快適に過ごせるようにしましょう。