ホーム > トイレのトラブル > 何を基準に選べばよい? トイレの床材

何を基準に選べばよい? トイレの床材

0727_01
家を建てたりリフォームを行う際、それぞれの居室にどのような床材を選べばよいのか悩みませんか。

特に水周りであり衛生面が気になるトイレについては慎重に床材を選びたいものです。
そこで今回はトイレの床材の選び方についてご紹介します。

【衛生的なトイレを保てる床材を選ぶ】

トイレは家族全員が毎日排泄する場所なので、どうしても汚れやすくなります。
またトイレを流したり手を洗ったりする際に水が飛び散るので、どうしても掃除の頻度が高くなります。
その為トイレの床材は見た目に清潔感があり、汚れが落としやすく、掃除もしやすいものが理想的です。

【トイレの床材選びのポイント】

衛生的なトイレを保ち、快適にトイレを使うには以下のような点に注意して床材を選ぶようにしましょう。

耐水性はあるか
アンモニア(尿)や洗剤などに強いか
・汚れが落ちやすく掃除がしやすいか
・気に入った色やデザインか
・予算内で収まるのか

【床材の種類】

0727_02
床材の種類によって特徴や機能、価格も異なってくるので、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

・クッションフロア

多くのトイレで使われている床材で「塩化ビニール」を用いているものは、手頃な価格ながら耐水性に優れ、汚れも付きにくく掃除しやすいのが特徴です。

デザインも豊富なので気軽にトイレのイメージを変えることができ、クッション性もある為、足腰に優しくお年寄りにもお薦めです。

また最近では抗菌・防カビ性能を持つクッションフロアもあり、選択の幅が広がっています。
ただし濡れると滑りすいものもあるので、その点はサンプルなどでよく確認しましょう。

・フローリング

一般的な住宅のリビングなどで広く用いられている床材で、モダンで落ち着いた雰囲気をトイレにも演出できるのでとても人気があります。

ただし木材であるため水によって腐食したり変色したりするので注意が必要です。
中にはトイレ用に塗装等を加工して耐水性を高めたりと、汚れにくくしたフローリングもあるのでサンプルで確認してみましょう。

・タイル

お風呂にも使われるタイルは耐久性耐水性にとても優れていてお掃除もとても簡単、デザインや色の種類も多くインテリアの好みに合わせて選べるのも魅力です。

ただしタイルは裸足だと冷たかったり、滑りやすかったりするため注意が必要です。
またタイルは目地に汚れが付きやすいので、使用する場合は普段からこまめに掃除することが大切です。

・プラスチックタイル

塩化ビニール樹脂で30センチ角のタイル状に加工した床材です。
耐久性、耐磨耗性に優れていてデザインも豊富なのですが、多少硬いので硬さは事前にチェックしておきましょう。

・コルク

コルクは樹皮を圧縮成形した木質系の床材で、耐久性に優れ弾力性があり、吸音性や断熱性も高いものとなっています。
コルクの自然な雰囲気もデザイン性に優れている為、ナチュラル系のインテリアを好む方にお薦めです。

毎日何度も使う場所なので、トイレの環境作りはとても重要です。
自分のライフスタイルや好みのインテリア、予算をよく考えた上で最適な床材を選び、心地よいトイレ作りを目指していきしましょう。