ホーム > トイレのトラブル > 全部分かればトイレ博士?トイレ専門用語集

全部分かればトイレ博士?トイレ専門用語集

0810_03

世界トップクラスといわれる日本のトイレ。
さまざまな技術が生まれ、日々進化し続けていますが、そこには耳なじみの無い言葉もチラホラ。
今回は意外と知らないトイレの専門用語についてご紹介します。

洗い落とし式
便器の洗浄方式の一種で、最もシンプルで安価な方式です。
水の落差による流水作用で汚物を押し流します。
溜水面が狭いため、汚物が付着しやすく、洗浄時に水がはねることもあります。

サイホン式
便器の洗浄方式の一種で、サイホン作用(水を吸い出す力)を起こし汚物を排出します。
洗い落し式に比べて溜水面が広くとれるのが特長です。

サイホンゼット式
便器の洗浄方式の一種。
ゼット孔(噴出穴)から勢いよく水を噴出させ、サイホン作用を起こさせるタイプです。
溜水面が広くニオイの発生や汚物の付着を防ぎやすいという特徴があります。

サイホンボルテックス式
便器の洗浄方式の一種。
渦(ボルテックス)作用と共にサイホン作用を発生させるタイプです。
洗浄時に空気の混入が少なく、洗浄音がほとんどしません。
寝室の近くや高級ホテルなどで需要があります。

ブローアウト式
便器の洗浄方式の一種。
洗浄水を強力に噴射させ、汚物を吹き飛ばすように排出するタイプです。
留水面が広く、ニオイの発生や汚物の付着を防ぎやすいですが、洗浄音は大きくなります。

洗い出し式
和風便器に採用されている洗浄方式です。
浅く溜まった水面で汚物を受け、洗浄時にトラップ(配水管の曲がった部分)方向に流しだします。
汚物が露出する為、臭気は発散しがちです。

寒冷地用便器
寒冷地において水の凍結によって破損しないように、通水路部の構造を単純化した便器です。
給水装置に関しても凍結予防が必要になります。
これら以外にも、ヒーターを取り付けるといった凍結防止策があります。

ワンピース型
コンパクトなタンクと便器が1つになっているタイプの便器です。
従来は便器と貯水タンクが分離したものが主流でしたが、昨今では「スペースが有効活用できる」「見た目がスッキリしている」とワンピース型が主流になりつつあります。

リノリウム
亜麻という植物の種から取る亜麻仁油・松ヤニ(ロジン)などの樹脂類・コルク粉や顔料などを混ぜて、シート状やタイル状にしたものです。
天然素材の床仕上げ材の一つとして知られています。
適度な弾力性をもち抗菌性能にも優れているため、住宅以外に病院や老人ホーム、学校などの公共施設の床仕上げ材として使われます。
近年、人体にも環境にもやさしい素材として見直され、利用が増加している素材です。

生活リズムセンサー
一人暮らしの高齢者や身体障害者などの、安否を確認する緊急通報システムの一つです。
一人暮らしの高齢者などは、室内で事故が起きても助けを呼べないことがあります。
そのため、生活の中で必ず利用するトイレの扉や玄関ドアといった場所にセンサーを付け、一定時間が経っても居住者の動きが確認できない場合に、管理センターや警備会社、または事前に指定しておいた所(子どもや配偶者)などに自動的に通報されるのです。
またの名を「生活反応感知センサー」ともいいます。

洗浄方式一つとっても、トイレはこんなに種類があります。
これらの用語を知った上で、自分の住処やライフスタイルにあったトイレを選びたいものです。