ホーム > トイレのトラブル > 「シングル」と「ダブル」、どちらがお得?

「シングル」と「ダブル」、どちらがお得?

0817_01
トイレットペーパーには「シングル」と「ダブル」があります。

使用感や好みでどちらを使うか分かれますよね。
しかし一体どちらがお得なのでしょうか。

今回は「シングルとダブルの違い」と「どちらがお得か」についてお話ししていきます。

シングルとダブルの違いとは

「シングル」は、芯にまかれている紙が1枚だけで「ダブル」はティッシュペーパーのように2枚重ねになっているものです。

○価格は同じ
ダブルに比べシングルは長さが2倍ですが、ダブルは2枚重ねになっているので、実質シングルとダブルの紙の長さは同じです。
つまりどちらを買ったとしても、同じ長さのものを同じ価格で買ったことになります。

○使用感の違い
ダブルはシングルとは違い2枚重なっているため巻き取る手間がシングルの半分です。
また、破れにくくなっているためウォシュレットを使用する際に向いています。

どちらを使っても同じではない

ダブルは2枚重ねになっていて、1度に使用する長さはシングルより少なく済みます。
そのため「どちらを使っても結局同じ」になってしまいますが、そうはならない場合が多いようです。

トイレットペーパーを使うときに、シングルだと安心感など得るためにある程度の長さを巻き取ってしまっているかと思います。
また、普段シングルを使っている方はダブルを使う場合でも、癖で普段と同じように巻き取る長さが長くなってしまうこともあります。

結局お得なのはどちらなのか

0817_02
人によってトイレットペーパーの使用量は違いますが、平均的な使用量は以下の通りです。

・ダブル「小の場合66cm・大の場合146cm」

・シングル「小の場合89cm・大の場合177cm」

この平均値をもとに「どちらのロールがたくさん使えるか」を考えてみましょう。

一般的に市販されているトイレットペーパーの1ロールの長さは「ダブル30m」「シングル60m」です。
これを大の場合の平均で割ると「ダブル約20回」「シングル約34回」という結果になります。

実際オフィスやコンビニ、飲食店などトイレットペーパーがよく消費されるような場所の多くは、シングルのものが使われているようです。
これには「大抵の人は節約を意識せずたくさん使ってしまう」という理由があります。
そのため、たくさん使われてしまうならと、お得なシングルを選ぶようです。

これらの結果「シングルの方が経済的にお得」ということになります。

今回は、トイレットペーパーのシングルとダブル、どちらがお得なのかについてお話ししました。
経済的にお得なのは「シングル」ですが、好みなどは人それぞれなのであくまで参考程度にしてみてくださいね。