ホーム > トイレのトラブル > 人となりが伺える トイレの性格診断

人となりが伺える トイレの性格診断

0818_01

動物が無防備になる瞬間がいつかご存知でしょうか。
その中の一つに、排泄時が挙げられます。

人間も同じで、その一番無防備になる瞬間にこそ、人の本質が現れるとも言われています。

本日はトイレにまつわる性格診断をご紹介いたします。

座る位置で分かるその人の性格

0818_02
トイレで用を足すため、個室に入ろうとする自分を想像してみて下さい。
個室は入り口側から五つ並んでおり、手前から1、2、3、4、5と番号を振ります。
そしてそれら全てが空いていたと想定して、何番のトイレに入るでしょうか。

1 を選んだ場合
細かなことにこだわらない前向きな性格な人が多いそうです。
感情のまま行動する傾向があり、他人から頼りにされやすい傾向にあります。

しかしその反面、相手のことをあまり考えず煙たがられることもあります。
周りからは「頼りがいがあって、竹を割ったようなさっぱりとした人」か、または「人のことを考えない言動ばかりする無神経な人」と思われることが多いでしょう。

2 を選んだ場合
比較的積極的で、人との付き合いもそこそこする人が多いそうです。
責任感が強く、仕事も工夫をしながらきちんとこなします。
物事を客観的見ることができ、知的な傾向にあるようです。

しかし多少そそっかしい面もあり、たまにそれが原因で失敗することもあります。
周囲の人からは「仕事ができ、付き合いもいい人」と思われることが多いようです。

3 を選んだ場合
堂々とした男らしい性格の人が多いそうです。些細なことにはこだわらず、自分のペースで行動する傾向にあります。
友達同士で行動するときも、自然とその中心にいることがよくあるでしょう。

周りの面倒をよく見ようと心がけることができれば、周囲の人達からは「頼り甲斐のある兄貴分(姐貴分)」と親しまれるのではないでしょうか。

4 を選んだ場合
普段からとても穏やかで大人しい人が多いそうです。
視野が広く、周囲のことに色々注意を払うように心がけている傾向にあります。

何事もコツコツと粘り積み上げていく努力家で、かつ一人物静かに考え事をすることが好きです。
新しいことを考え出す素質があるようなので、型にはまれば「クリエイター・パイオニア型の人間」となるでしょう。

しかし他の人と少し違った発想をすることがあるため、周りからは「物静かな変わり者。少し独特な人」と思われることもあります。

5 を選んだ場合
人前に出ること、目立つことがあまり得意ではない人が多いそうです。
他人に左右されること嫌い、自分の中で行動するほうがよいと思っている傾向が強いそうです。
そのため一人で行う仕事を得意とし、与えられた仕事は細心の注意を払って間違いないようにこなすことでしょう。

しかし、それがあだとなり、一つのことに没頭しすぎて周りが見えなくなったり、時間が経つのを忘れてしまったりということが多々あるようです。
「無口でこだわりの強い職人肌の人」とも「付き合いが悪く周りを見ない人」とも思われることが多いようです。

その他 紙の切り方やお尻を拭くタイミングで分かる性格

使う個室の位置の他にも、性格を調べることができます。

皆さんはトイレットペーパーを切るとき、どこで切りますか?

常にこのミシン目で切らないと気がすまない人は、几帳面な性格なのだそうです。
しかしその几帳面さを自分では嫌っていて、わざと豪胆なフリをする傾向があるともいわれています。

逆に、ミシン目でなくとも構わない、という人はせっかちな人が多いといわれています。
これは非常に分かりやすいのではないでしょうか。彼らにとってはお尻を拭くことが目的であり、過程にはそこまで気を使っていないのかもしれません。

また、急いでいるわけでもないのに、出し終わった後にすぐに拭きはじめる人は自己嫌悪の感情が強い傾向にあります。
逆にゆっくりと拭きはじめる人は自信家で、自己主張が強いタイプなのだそうです。

皆様はどのタイプでしたか。