ホーム > トイレのトラブル > 古今東西 トイレの呼び方とその変遷

古今東西 トイレの呼び方とその変遷

0826_01

「すみません。トイレを貸していただけますか?」を学校や塾で初めて訳したとき、トイレが『bathroom』と訳されて驚いた方もいるかと思います。
「先生。『toilet』じゃだめなんですか?」と尋ねた同級生もいたのではないでしょうか。

もちろんどちらも『トイレ』を意味しますので、厳格には間違いというわけではありません。

英語では『toilet』や『bath room』の他にも、様々なトイレの呼び方があります。
そして英語だけではなく、日本語にも様々な『トイレ』の呼び方があるのです。

本日は欧米と日本のトイレの呼び方の数々、そしてその由来をご紹介します。

欧米の『トイレ』の呼び方

まずは日本の中でも浸透している『toilet』からご紹介します。
この呼び方は用を足す空間の全体を指すとともに、便器そのもののことも指します。
そのため会話の中で使うと直接的すぎる表現で汚く下品な印象があり、わざと避ける傾向にあるのです。

そして『toilet』の他に『bath room』や『rest room』が使われるようになりました。

『bath room』は広くトイレの意味で使われますが、いわゆる洋式スタイルのバスタブとトイレが一室に置かれた場所をイメージした言葉です。
ですのでトイレという空間を指すときはこちらを使う傾向にあります。
主にアメリカで、特に自宅やホテルの客室などで使われます。

『rest room』は直訳すると「休憩室」となりますが、これは日本語の「化粧室」と似た表現です。
用を足しているときの様を休憩となぞらえているのでしょう。
化粧などの身だしなみを整えられるスペースが取られた広めのトイレに使うことが多いようです。
また、ショッピングセンターやオフィスなどの公共の場のトイレを主にこう呼びます。

これらの他に、イギリスでは『powder room』と呼ばれています。
こちらはイギリス流のトイレの丁寧な表現で、より日本の『化粧室』のニュアンスに近いものといえるでしょう。
『powder』は化粧に使う粉を指します。主に女性用トイレに使われます。

また、飛行機のトイレを指す『lavatory』、イギリス系英語圏で親しい間柄で使われる『loo』、もともと設計・建築・不動産といった専門家の間でマークとして使われている『WC /Water Closet』という呼び方があります。

日本での呼び方はおよそ五十通り以上

0826_02
日本では独特の『穢れ』の思想からも、トイレは様々な呼ばれ方をしてきました。
なかでも有名なものをいくつか挙げてゆきます。

時代劇などでよく聞く呼び方で『厠(かわや)』というものがあります。
この呼び方の歴史は古く、日本最古の歴史書『古事記』の中にもその言葉を見ることができます。
元々は『川屋』と書き、川など自然の水の流れを利用して排泄をしたことから来ているという説が有ります。

また、今でもよく聞く『便所』という言葉ですが、これは『化粧室』と似た由来があります。
今でこそ『便所』と言うと汚いイメージがありますが、その語源は『鬢所(びんじょ)』と言われています。
これは平安期の貴族達が『鬢(かみ)』を整えた場所も兼ねたことから『鬢所』と呼ばれ、様々な用途で使われる『便利な場所』という意味が込められて『便所』と呼ばれるようになったという説があるのです。

さらにはトイレを『穢れ』と結びつけ、『はばかり』『ご不浄』とも呼ばれるようになりました。

トイレの呼び方に文化と歴史あり

東西さまざまな呼び方をする『トイレ』。特に日本では約五十通りの呼び方があることに、驚かれた方も多いのではないでしょうか。
これは日本独特の、『穢れ』を嫌うと同時に『畏れ』や『敬う』ことで神聖視する民俗観から来ているのかもしれません。

ご興味を持たれた方は、さらに調べてみてはいかがでしょうか。