ホーム > トイレのトラブル > 「地震の際にはトイレが安全」といわれる理由

「地震の際にはトイレが安全」といわれる理由

0925_01

「屋内で地震が起きた時はトイレにいるのが一番安全」といわれることがありますが、それは何故なのでしょうか。

今回は「トイレの部屋が地震に強い理由」や「トイレにいる時に地震が発生した場合の注意点」などについてご説明させて頂きます。

【地震の際にトイレが安全な3つの理由】

1 転倒する家具がない

地震発生時に屋内にいた場合、まず注意すべきなのが「家具の転倒」です。
大きな家具が倒れることで下敷きになり、怪我をしたり最悪の場合は命を失う恐れもあるからです。
しかしトイレには大きな家具がない為、そのような危険性がありません。

2 窓ガラスが小さい

リビングのように大きな窓ガラスがあると、地震によってそれが割れて床に散乱し、怪我の原因となってしまいます。
その点トイレは窓が小さく割れにくい為、ガラスによる怪我のリスクも少なくなります。

3 柱が四つ角にある

トイレは他の部屋に比べてスペースが小さく、四つ角には頑丈な柱もあります。
柱と柱の間が狭いため強度が高く、安定性もあるのです。

【トイレにいる場合の注意点も】

トイレは確かに安全な場所ではありますが、危険度がゼロという訳ではありません。
トイレの中に倒れそうな家具を置いているお宅もあれば、窓ガラスが大きいお宅もあることでしょう。

そのため今一度ご自宅のトイレを見直して「大きな地震が起こったらどうなるか」ということをチェックしてみることをお薦めします。

特に頭上に棚やタンクがある場合は、早めにリフォームなどをして安全性の高いトイレにしておくことが重要です。
また家屋が倒壊するような大きな揺れが起きた場合は、屋内のどこにいても危険となります。
自宅内のどこで地震が起きた場合でも対応できるように、避難ルートを想定しておきましょう。

【地震の際、トイレにいた場合は】

0925_02
丁度トイレにいる時に地震が発生するケースも考えられます。
そのような時はどうしたら良いのか、事前に把握しておきましょう。

・すぐにドアを開ける

地震によって家屋が変形すると、ドアが開かなくなる恐れがあります。
そのため揺れを感じたらすぐにドアを開けて、避難経路をつくっておきましょう。
ただし一度開けても、揺れによって再度ドアが閉まる可能性もあります。
一度ドアを開けたら手や足でドアを支えて、閉まらないようにしておきましょう。

・窓を開ける

窓もドアと同様に、家屋の変形で開かなくなる恐れがあります。
窓はいざという時の避難経路になるので、揺れを感じたら早めに開けておくと良いでしょう。
ただし揺れが大きいと窓ガラスが割れる危険性があるので、無理をしないことが大切です。

・頭上に重いものがある場合は避難する

揺れによって頭上の棚やタンクが落下する恐れがあります。
この場合は大変危険なので、すぐにトイレから出て避難しましょう。