ホーム > トイレのトラブル > こんなにかかる?トイレの水道代と電気代の節約術

こんなにかかる?トイレの水道代と電気代の節約術

1021_01

毎日の生活に欠かせないトイレは、何かとコストもかかる場所です。
ここでは、そのようなトイレの水道代や電気代の節約術をご紹介します。

実は水道代が一番かかるトイレ

生活の中で水道代が最もかかっているのはどこでしょうか。
多くの人が真っ先に思いつくのはお風呂やシャワー、あるいは食材や食器を洗ったり煮炊きにも水を使うキッチンだと思います。
確かに、お風呂は水道料金全体の24%、キッチンは23%を占めるといわれます。

しかし、トイレはこれらをおさえて28%と堂々の1位です。
お風呂やキッチンだけでなく、トイレもおさえることが水道料金を節約するカギなのです。
節水には、どのような方法があるのでしょうか。

○最新型のトイレに買い換える
思い切って最新型のトイレに買い換えるのも良い方法です。
旧式のトイレでは、1度の使用で20Lもの水を使うタイプもあります。

流石にそこまで古いタイプは少ないかもしれませんが、多くのトイレでは平均して10~13L程の水が1回の使用で必要です。
初期コストはかかりますが、最新の節水型トイレであれば大6L小5L程で済みます。
長い目で見れば良い買い物なのではないでしょうか。

○タンクにペットボトルを入れるのはNG
節水の為にトイレのタンク内にペットボトルを入れる方がいますが、これは避けたほうが良いです。
最新の機種はタンクの水量が直接節水につながることはありませんし、機種に関係なく故障の原因になりうる行為です。

電気代も抑えよう!

1021_02
最新式のトイレには様々なデジタル機能があります。
そのような部分も、少しの工夫をすることで消費電力を節約できるのです。

○照明を換える
落ち着きが必要なトイレには、そこまでの明るさは必要ありません。また「夜中トイレの為に起きたら、明かりが眩しすぎて目がさえてしまった」ということも。
明るい白熱電球を使用しているのであれば、光度の低いものやLEDなど消費電力の少ないものに換えましょう。

○便座は閉める
冬でも快適な便座の暖房・保温機能。これを生かすためにも、トイレを使わないときの便座は閉めましょう。
放熱が減ることで電気代の上昇を抑え、臭いの拡散も防ぎます。

○設定を見直す
例えば自動開閉機能であったり「ウォシュレットは使うけど暖房はいらない」という場合、使わない機能をオフにしましょう。
出かけている時や寝ている時は電源をオフにするのも良いでしょう。
また、暖房や水温を低めに設定することでも電気代を節約できます。

お風呂やキッチンに比べ、自分で出来ることが少ないように思えるトイレですが、少しの心掛けで電気代や水道代を節約できる部分はあります。
家計簿を見て「少し高いな」と感じた場合は、トイレを1度見直すのも良いかもしれませんね。