ホーム > トイレのトラブル > タンクレストイレのメリットとデメリット

タンクレストイレのメリットとデメリット

タンクレストイレのメリットとデメリット

マイホームを持つときやトイレのリフォームを行う際に、新しいトイレをどのような空間にするか悩みますよね。
トイレには最新のタンクレスと従来のタンク型があり、設置する前にどちらの特徴も知っておくことが必要です。
今回はどちらのトイレが良いか迷ったときの参考になるよう、タンクレストイレのメリットとデメリットをご紹介します。

タンクレストイレの大きな特徴

従来のタンク型のトイレはタンクの中に溜めた水を使って流しますが、タンクレストイレは水道に直結しています。
そのため、タンクを経由せずに水道の水で直接流せるという点が大きな特徴です。
このタンクレストイレは、日本ではTOTOが1993年に初めて開発し、発売しました。

タンクレストイレのメリット

タンクレストイレのメリット
○空間を広く使える
広いトイレを希望しても、土地の広さや間取りの関係上どうしても手狭になってしまうということは多いのではないでしょうか。
そのようなトイレの広さの問題を解決してくれるのが、タンクレストイレです。

タンクレストイレはタンクが不要な分、トイレの空間を広く使うことができます。
トイレのショールームでタンクレストイレを見て、おしゃれな雰囲気を気に入って購入を決めたという人は多くなっています。
見た目がスッキリとしており、トイレの空間内を洗練された雰囲気にすることも可能です。

○衛生面に優れている
タンクに水を溜めておかなくても良いということは、カビや結露などを発生させづらくするという衛生上のメリットもあります。
従来のタンク型のトイレは、タンク内に水を溜めておく構造上どうしてもタンク内が不衛生になりやすい為、掃除の手間がかかります。

タンクレストイレのデメリット

○別に手を洗う場所をつくる必要がある
従来のタンク型のトイレはタンクの上部の手洗い管から水が流れるため、その水を使用して手洗いを行うことができますが、タンクレスタイプでは別に手洗い場の設置が必要です。

○水圧の調節に手間がかかる
タンクを中継しないということは、トイレの水流の強さが水道の水圧と直結しているということです。
タンクレストイレの水流を調節するためには、水道の大元を調整する必要があり、シャワーや他の水道の水圧の強さにも影響を及ぼしてしまうことがあります。そのため、トイレ単体の水流の微妙な調整はしづらいと考えていいでしょう。

○もしものときの為に使える水が減る
タンクレストイレはタンクに水を溜めておけないので、災害時や緊急時などに使用できる水量が減ります。
タンク内の水は衛生面から飲用するために向いているとは言えませんが、緊急時に必要な水は飲用水だけではありません。

何らかの事情で水道が使用できなくなった場合、トイレのタンク内の水がなく雨水タンクなどの特別な水溜場を設置していないとなると、使用できる水の量はごく僅かとなるでしょう。

今回は、タンクレストイレのメリットとデメリットをご紹介しました。
最新のトイレにも良い点悪い点がある為、トイレを新しくしようと考えている方は、それぞれの特徴を確認してから設置しましょう。