ホーム > トイレのトラブル > 冬のトイレを快適に! 健康を守る防寒対策

冬のトイレを快適に! 健康を守る防寒対策

冬のトイレを快適に! 健康を守る防寒対策
 
冬のトイレが辛い……暖かい部屋との温度差についトイレに行くのが嫌になることがありませんか。

この急激な温度差が体にとても負担を与えてしまうことをご存知でしょうか。

体にも心にも負担を与えないようにするトイレの防寒対策についてご紹介致します。

急激な温度差による血圧上昇の怖さ

人間の体は急激な温度差を感じると、体内の熱を外に逃がさないように血管を収縮させて体を守ります。
しかし血管が激しく収縮すると、細く狭くなった血管に心臓から送られた血液が一気に流れ込み血圧が上がってしまいます。
この状態が続いたり、頻繁に生じると血管に大きな負担がかかり、血管そのものが傷んでしまいます。

傷んだ血管がさらに収縮するとますます痛みが進み、その痛みを補修するために血管の壁は厚くなっていきます。
こうなると、スムーズに血液が流れなくなりポンプ役である心臓に負担がかかるのです。
心臓への負担は徐々に動脈硬化を引き起こし、最悪の場合は心筋梗塞などを発症する恐れがあります。

高齢者に多い「ヒートショック現象」も急激な温度変化による血圧の変化が原因ですので注意が必要です。

トイレの防寒対策

トイレの防寒対策
 
寒いトイレに行くのはただでさえ苦痛ですが、それによって体に負担をかけるのはもっと嫌なものです。

冬のトイレを快適に過ごし、健康を保つためにも防寒対策を始めましょう。

・トイレに暖房を設置する
トイレの防寒対策として一番簡単に行えるのが暖房を設置する方法です。
壁に取り付けるトイレ専用の暖房器具、照明型のトイレ用暖房器具などが発売されているので設置を検討してみましょう。

これが無理であれば、小さなハロゲンヒーターやセラミックヒーターを設置してトイレを暖めると良いでしょう。
狭いトイレに設置しますので、火傷をしないよう配慮することも大切です。

・暖房便座を使用する
電気を節約するために冬場でも暖房便座のスイッチを切っている方がいますが、冬場は便座を暖めた方が良いでしょう。
冷たい便座に座るとドキっとしてしまい、気分良いものではありません。
あまりに冷たい便座では落ち着いて用を足すこともできませんので、暖房便座で冷たさを感じないようにしましょう。

・トイレの床を防寒する
トイレを冷やす原因としては地面から伝わってくる冷気があります。
トイレに入った瞬間に足元がとても冷たく感じるのを防ぐため、厚みのあるトイレマットを敷くとよいでしょう。
また、冬のトイレ用として暖かい素材で出来ているフワフワのスリッパを使うのもお薦めです。

・トイレの窓を防寒する
トイレに限らずどの部屋でも、窓からの冷気は部屋を冷やす大きな原因になります。
トイレの窓は小さいですが、それでも冷気はしっかり伝わって入ってきます。
冷気を防ぐには、ホームセンターなどで売られている窓専用の断熱シートや梱包に使われる緩衝材を窓に貼ると効果的です。

・トイレへ行く際に一枚多く羽織る
トイレの防寒をしっかり行ったら、自分自身も防寒をしてトイレに行く習慣をつけましょう。
暖かい部屋で暖めた体の体温を逃さないように、体を保温するつもりで1枚多く羽織ると冷えを防げます。

寒くて冷たい冬のトイレは体に良くないことがよくお分かりいただけたかと思います。
気持ち良くトイレへ行き、健康を守るためにもトイレの防寒はとても大切です。
今すぐできることから取り入れ、徐々に冬のトイレを快適な空間に変えていきましょう。