ホーム > トイレのトラブル > トイレの水漏れにも種類がある?パターンと対処法

トイレの水漏れにも種類がある?パターンと対処法

トイレの水漏れにも種類がある?パターンと対処法

突然起こるトイレの水漏れ。
急なことでどのように対処してよいのか分からず、慌ててしまうという人も多いのではないでしょうか。
トイレの水漏れにも種類があり、それに合わせた対処法をとることで修理までの間、応急処置を行うことが可能です。
そこで今回は、トイレの水漏れの種類と対処法をご紹介します。

パイプや止水栓からの水漏れ

トイレ本体と水の流れを開け閉めする止水栓をつなぐパイプのトラブルです。
パッキンの劣化やボルトやナットの緩みが原因で水漏れが起こることがあります。
ボルトやナットの緩みが原因である場合は、それをしっかり締めなおすことで水漏れが直ることも少なくありません。

一方、パッキンの亀裂など経年劣化が原因である場合は、部品を交換しなくてはならないことがほとんどです。
この場合はすぐに業者に連絡し、なるべく早く交換してもらうようにしましょう。

ぽたぽたと垂れる程度の水漏れであれば、しばらくはそのまま使っても問題ないこともありますが、できればすぐに止水栓を閉めて水を止めてしまった方が、被害の拡大を防ぐことができます。

給水管接続部分からの水漏れ

給水管接続部分からの水漏れ

トイレ本体やパイプなど、給水管を接続するつなぎ目から水漏れすることもあります。
原因は先に紹介したパイプなどの水漏れと同様、劣化や接続部分の緩みが原因であることがほとんどです。
水漏れの量が少ない場合、接続部分に融着テープを何重かに巻いて応急処置をすることも可能です。ナットの上下2cmほどをしっかりと巻きましょう。

ヒビなどが入っていると、水が噴き出てしまうという被害が起こることもあります。この場合は速やかにトイレの水を止めて、使用を中止しましょう。
即日修理の対応をしてくれる業者も多いので、まずは相談してみましょう。

シャワートイレの水漏れ

今や付いていて当たり前となったシャワートイレですが、普及が進むにつれてシャワートイレのトラブルも増加しています。
シャワートイレの水漏れの場合、ほとんどが部品交換などの修理となり、すぐに対応してもらえることは稀です。

シャワートイレの調子が悪いだけでトイレ自体の機能は特別問題ないということも多いので、修理が終了するまでシャワートイレの使用を中止するようにしましょう。
ただし、型が何年も前のものだったりすると、部品が廃番になっていることもあり、その場合は便座を交換する必要があります。