ホーム > トイレのトラブル > 着崩れしたくない! 着物の日のトイレはどうする?

着崩れしたくない! 着物の日のトイレはどうする?

着崩れしたくない! 着物の日のトイレはどうする?

普段あまり和服を着慣れていない場合、「着物で外出する時はトイレが心配…」という方が多いのではないでしょうか。

やみくもにまくり上げて着崩れしたり、裾を濡らして汚してしまったりといった事態は避けたいところです。
そこで今回は、着物を着ている時のトイレの使い方についてご紹介します。

できるだけ洋式トイレを利用する

着物の日に使用するトイレは、できれば和式よりも洋式を選びましょう。
和式の方がより低くしゃがまなければならないので、裾を引きずるリスクが高いからです。

袖や裾を綺麗にまとめておく為には、着物用のクリップか洗濯バサミがあると安心です。
なくても大丈夫な方法もあわせてご紹介していきますが、バッグの中に余裕がある時はそっと忍ばせておきましょう。

まずは袖を折りたたんで留める

振り袖など袖が長い着物の場合、しゃがんでも引きずらない程度の長さまで袖を折りたたんでクリップで留めます。
クリップがない場合は、両方の袖の先を帯の内側に差し込むような形で固定しましょう。

上前と下前の裾は帯の位置までめくり上げる

次に、着物の上前の裾をそっとめくり上げ、帯と一緒にクリップで留めます。
クリップがない場合は、帯止めに上から通して挟むようにしておくと良いでしょう。
同様に下前の裾も帯のところまでめくり上げて留めます。

裾よけは上前と下前を同時に持ち上げて軽く結ぶ

一番下に着ている裾よけは、トイレを使用するのに邪魔にならないところまで持ち上げて、上前と下前の裾を軽く結び固定します。
下着は下げやすいように、股上の浅いタイプのものを身に付けておくのがお薦めです。
股上が深いと、帯と一緒に固定されてしまっていて下げるのに苦労してしまう場合があります。

戻す時は下前→上前の順に焦らずゆっくり直す

戻す時には、まとめてきた手順を逆に辿るようにひとつひとつ丁寧に戻していきます。
着物を着ている時には、何をするにも「焦らずゆっくり」と行うのが着崩れしないための鉄則です。

トイレから出て手を洗う時に袖が濡れてしまう危険があるので、袖は直さずそのままでも良いでしょう。
もちろん、手を洗う時に改めて袖を背中に回してクリップで留めるのでも構いません。

ハンカチをあごに挟むと襟元の汚れも予防できる

ハンカチをあごに挟むと襟元の汚れも予防できる

トイレを使用する時や手を洗う時など、うつむく姿勢をとる時にはあらかじめ襟元にハンカチを挟んでおくと、ファンデーションで襟元が汚れてしまうのを防ぐことができます。
袖や裾をまとめるのに一生懸命になっていると、思わぬ汚れがついてしまうこともありますので、女性の方は忘れずハンカチを活用して下さい。

以上、着物の日のトイレの使い方について押さえておきたいポイントをお伝えしました。
和服でのお出かけの際の参考になさって下さい。